「いとこ煮」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎各地のいとこ煮: タイプミスを修正)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
| reference =
}}
'''いとこ煮'''(いとこに)は、日本各地に伝わる[[郷土料理]]で、[[アズキ|小豆]]などを煮た[[煮物料理]]。地域により材料、調理法等に差異がある。また類似した料理として、'''いとこ汁'''や'''いとこねり'''、'''御座煮'''(ござに){{sfn|小原哲二郎(監修)|細谷憲政(監修)|1997|p=383}}などがある。
 
== 名前の由来 ==
由来については複数の説が存在している。材料を煮えにくいものから追々入れていくことから、「おいおい」を「[[甥]]甥」すなわち[[いとこ]]にかけたものが語源の一つとされている{{sfn|中村幸平|2004|p=66}}{{sfn|小学館国語辞典編集部|2000}}{{sfn|小原哲二郎(監修)|細谷憲政(監修)|1997|p=99}}。また、材料がすべて野菜であることからいとこになぞらえたという説{{sfn|小学館国語辞典編集部|2000}}、同じ大豆から作られる小豆と味噌を材料として用いることから、兄弟ほどではないがいとこ程度の類似した材料を煮た料理であるという説、江戸時代に[[毛利氏|毛利公]]が催す宴席に必ずこの煮物を振る舞ったことから没後、御遺徳を称える「いとく煮」転じて「いとこ煮」となったとする説などがある{{sfn|山口女子短期大学食物科}}。
 
おこと(御事)汁が転訛したという説もある{{sfn|小原哲二郎(監修)|細谷憲政(監修)|1997|p=99}}。
 
== 各地のいとこ煮 ==
 
=== 愛知県 ===
[[サツマイモ|甘藷]]と小豆によるいとこ煮が[[春日井市]]にある{{sfn|野本寛一|2011|p=39}}{{efn|『日本国語大辞典』では[[東春日井郡]]とする{{sfn|小学館国語辞典編集部|2000}}。}}。また、[[豊川市]]では小豆・里芋・小麦で作った団子を煮たいとこ煮を作り、月見の際に食べるという{{sfn|野本寛一|2011|p=305}}。[[愛西市]]旧[[立田村]]{{sfn|日本の食生活全集愛知編集委員会|1989|p=107}}および[[八開村]]{{sfn|八開村史編さん委員会・八開村史調査編集委員会|1994|p=245}}では[[葬式]]の際に小豆と[[里芋|地いも]]で作るいとこ煮を振る舞う風習がある{{sfn|日本の食生活全集愛知編集委員会|1989|p=107}}
 
=== 三重県 ===
 
=== 京都府 ===
京都府内では[[長岡京市]]浄土谷{{efn|当地で作られるのものは「いとこ汁」と称される。材料は小豆・ナス・カボチャであり、醤油と味噌で味付けする{{sfn|野﨑洋光|成瀬宇平|2015|p=187}}。}}、[[京都市]][[北区 (京都市)|北区]]、[[京丹後市]]旧[[峰山町]]、[[与謝郡]][[伊根町]]{{sfn|「日本の食生活全集京都」編集委員会|1985|p=314}}で食べる風習がある。
 
=== 奈良県 ===
 
[[冬至]]に食べると[[風邪]]をひかない、[[中風]]にならないなどの[[ご利益]]があると言われ、[[神棚]]と[[仏壇]]に供えてから食べる。
 
=== 高知県 ===
[[12月28日 (旧暦)|旧暦12月28日]]に作られる精進料理で、大量に作り多くの人に振る舞うという{{sfn|野﨑洋光|成瀬宇平|2015|p=253}}。
 
=== 山口県 ===
 
== 参考文献 ==
* {{Cite book|和書|author=冨岡典子|title=大和の食文化|publisher=[[奈良新聞社]]|year=2005|date=2005-09-25|isbn=4-88856-054-4|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|author=中村幸平|title=新版 日本料理語源集|publisher=旭屋出版|year=2004|isbn=4751104233|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|editor=小学館国語辞典編集部|title=[[日本国語大辞典]] 第2版 第1巻 あ-いろこ|publisher=小学館|year=2000|isbn=4-09-521001-X|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|editor=聞き書山口の食事 「日[[野の食生活全集山口」編集委員会寛一]]|title=日本の生活全集 35 山口民俗|publisher=農山漁村文化協会柊風社|year=19892011|isbndate=42011-54007-8900112|isbn=978-84903530512|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|editorauthor=山口女子短期大学食物科野﨑洋光|author2=成瀬宇平|title=山口47都道府郷土料理 汁物百科|publisher=山口女子短期大学食物科丸善出版|year=2015|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|editorauthor=野本寛一小原哲二郎(監修)|author2=細谷憲政(監修)|title=簡明 の民俗事典辞林 第二版|publisher=柊風社樹村房|yearisbn=2011|date=20114-0788367-12000-7|isbnyear=978-49035305121997|ref=harv}}
=== 愛知県関連 ===
* {{Cite book|和書|editor=日本の食生活全集愛知編集委員会|title=日本の食生活全集 聞き書 愛知の食事|year=1989|date=1989-08-01|publisher=農山漁村文化協会|isbn=978-4540890031|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|editor=八開村史編さん委員会・八開村史調査編集委員会|title=八開村史 民俗編|publisher=八開村|year=1994|id={{JP番号|94035911}}|ref=harv}}
=== 京都府関連 ===
* {{Cite book|和書|editor=「日本の食生活全集京都」編集委員会|title=日本の食生活全集 26 京都の食事|publisher=農山漁村文化協会|year=1985|isbn=4540850067|ref=harv}}
=== 奈良県関連 ===
* {{Cite book|和書|author=冨岡典子|title=大和の食文化|publisher=[[奈良新聞社]]|year=2005|date=2005-09-25|isbn=4-88856-054-4|ref=harv}}
=== 山口県関連 ===
* {{Cite book|和書|editor=聞き書山口の食事 「日本の食生活全集山口」編集委員会|title=日本の食生活全集 35 山口の食事|publisher=農山漁村文化協会|year=1989|isbn=4-540-89001-8|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|editor=[[山口女子短期大学]]食物科|title=山口県郷土料理|publisher=山口女子短期大学食物科|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|author=成瀬宇平|title=47都道府県 伝統食百科|year=2009|page=234|ref=harv}}
 
== 関連項目 ==