「陸上自衛隊のC4Iシステム」の版間の差分

m
陸幕システムは、[[防衛大臣]]が[[市ヶ谷駐屯地]]の[[中央指揮所]](自衛隊最高司令部)で指揮統制する際に使用する中央指揮システムを構成する5つの構成要素のうちの1つとして機能している。他の4つの構成要素は、中央・海幕・空幕・情報支援の各システムである。
 
固定型システムは[[クラウドコンピューティング|クラウド]]化への転換が図られており、令和元年([[2019年]])度末から'''陸自クローズ系クラウドシステム'''(通称:'''正蒼院'''<ref>[http://www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/f_fd/2020/fz20200821_00155_000.pdf 陸上自衛隊クローズ系クラウドシステム等における特定秘密電磁的記録及び秘密電子計算機情報の共有要領について(通達)]</ref>)の運用が始まり、令和4年([[2022年]])度末までに移行が行われる。これによりシステム毎にサーバーが独立していた以前のシステムと比較して情報の各種処理が向上し、また[[人工知能]](AI)を導入することで更に精度の高い情報提供を行う<ref>[https://www.mod.go.jp/gsdf/dc/cfin/PDF/koukoku/i022-2.7.27.pdf 陸自クローズ系クラウドシステムへのAI実装に関する調査研究]</ref>。
及び秘密電子計算機情報の共有要領について(通達)]</ref>)の運用が始まり、令和4年([[2022年]])度末までに移行が行われる。これによりシステム毎にサーバーが独立していた以前のシステムと比較して情報の各種処理が向上し、また[[人工知能]](AI)を導入することで更に精度の高い情報提供を行う<ref>[https://www.mod.go.jp/gsdf/dc/cfin/PDF/koukoku/i022-2.7.27.pdf 陸自クローズ系クラウドシステムへのAI実装に関する調査研究]</ref>。
 
陸自クローズ系クラウドシステムには以下の固定型システムが収容される<ref>[https://www.mod.go.jp/gsdf/gmcc/raising/hoto/hnyu/20hs015s1.pdf 陸自クローズ系クラウド基盤に係るシステムインテグレーション役務]</ref>。