「織田信雄」の版間の差分

 
== 子孫 ==
 4男の織田信良の系統は、はじめは上野[[小幡藩]]の藩主であったものの、次いで[[明和事件]]にともなう転封によって出羽[[高畠藩]]の藩主となり、さらに陣屋の移転にともなって出羽[[天童藩]]の藩主となり、[[廃藩置県]]を迎えた。
4男の織田信良の系統はその後、移封を繰り返して最終的には[[天童藩]]として[[明治時代]]まで存続した。大和宇陀松山藩は、[[丹波]][[柏原藩]]に移されて、明治時代まで存続した。
 5男の織田高長の系統は、はじめは大和宇陀松山藩の藩主であったものの、お家騒動にともなう転封によって[[丹波]][[柏原藩]]の藩主となり、廃藩置県を迎えた。
 6男の織田信為の系統は、津田姓を称して、大和宇陀藩織田家や上野小幡藩織田家の家臣となった。信為の長男津田外記や2男津田八郎兵衛(谷山真弥)は宇陀藩織田家、3男津田頼母は小幡藩織田家に仕えた。
 
== 人物 ==
匿名利用者