「犬神家の一族 (1976年の映画)」の版間の差分

劇中では作曲家[[小杉太一郎]]の唯一の邦楽作品、[[箏曲]]「双輪」が効果的に映画音楽として使われている。この曲は箏曲家山田節子の委嘱により作曲されたものである。市川はその後も「双輪」を大変気に入り、『[[古都 (1980年の映画)|古都]]』(1980年)や『[[竹取物語 (1987年の映画)|竹取物語]]』(1987年)など、以後も箏曲が必要な時にはたびたび使用している{{efn|ちなみにこれらで使われている演奏はすべて山田節子によるものである。}}。TBSのタレント人気調査で3年連続トップになるなど、お茶の間では圧倒的人気を誇りながら、映画ではめぼしい実績を掴みかねていた石坂浩二は、初の大作主演での大ヒットに恵まれた。
 
逆さ死体を演じているのは、[[寺田稔 (俳優)|寺田稔]](猿蔵役)のスタントを務めた[[青木湖]]・湖畔の旅館の主人である<ref>北山美紀・水原文人「メイキング・オブ・犬神家の一族」『プレミア日本版』2002年11月号、[[ハースト婦人画報社|アシェット婦人画報社]]、93-103頁。</ref>。この場面での衝撃体験を語る人は多いが、中でも[[宮部みゆき]]は本作を観て以来[[デンマーク]]水辺や湖沼[[人魚姫]]像行けば「佐清の足出てきそうだ」と必ず口にすいい日本これに対して編集担当者から「全国の湖沼佐清の足のモニュメント[[オブジェ]]掲げるべし置いて、毎日定時に上下させてはどうか」の主旨の冗談を返された旨を、著書で述べている<ref>{{Cite book|和書|author=宮部みゆき|year=1998|title=平成お徒歩日記{{要ページ番号|datepublisher=[[新潮社]]|pages=93-94p|isbn=4103750030|ref=2021年5月harv}}</ref>。
 
佐清のマスクなどの造形は、東宝特殊美術の[[安丸信行]]が担当した{{R|ALL東宝}}。佐清のマスクの着色は、白と肌色を調合したもので、監督の市川崑の気に入った配色が出なかったため、何度も作り直させられて苦しかったと安丸は述懐している。また、ポスターなどに使用された湖から突き出した佐清の足は、美術助手であった好村直行の足を型取りして造形された。好村は後年、『[[犬神家の一族 (2006年の映画)]]』の美術を担当した[[櫻木晶]]に、本作の足が好村のものであることを驚かれて誇らしい気分になったと述べている<ref>{{Cite journal|和書|date =2017-01-05|publisher =[[洋泉社]]|journal =別冊[[映画秘宝]] 特撮秘宝 |volume =Vol.5|pages=128-129|isbn=978-4-8003-1127-6}}</ref>。