「核分裂の発見」の版間の差分

m
細かい表現の変更
(推敲)
m (細かい表現の変更)
'''[[核分裂反応|核分裂]]の発見'''は1938年12月に化学者[[オットー・ハーン]]と[[フリッツ・シュトラスマン]]、および物理学者[[リーゼ・マイトナー]]と[[オットー・ロベルト・フリッシュ]]らによってなされた。核分裂とは、ある[[原子核]]がそれより軽い複数の原子核に分割され、場合によってその他の粒子も発生するような[[原子核反応|核反応]]もしくは[[放射性崩壊]]をいう。この過程では多くの場合[[ガンマ線]]が発生し、放射性崩壊の基準で言っても莫大な量の[[エネルギー]]が生み出される。当時の科学者はすでに[[アルファ崩壊]]や[[ベータ崩壊]]について知っていたが、核分裂のように原子番号が大きく変わる過程は想定外の発見だった。また核分裂は[[連鎖反応 (核分裂)|連鎖反応]]が可能であることから[[原子力|原子力発電]]や[[核兵器]]の発展につながったため非常に重要な意味を持っていた。
 
1938年、[[ベルリン]]の{{仮リンク|マックス・プランク化学研究所|en|Max Planck Institute for Chemistry |label=カイザー・ヴィルヘルム化学研究所}}に所属していたハーンとシュトラスマンは、遅い[[中性子]]を照射された[[ウラン]]から大幅に軽い元素である[[バリウム]]が生成したことを見出した。ハーンはウラン原子核が複数の小さい原子核に分かれた可能性に気づいたが、物理学的な根拠を見つけられなかった。二人はこの発見を、元同僚で数か月前に[[ナチス・ドイツ]]を逃れて[[スウェーデン]]に移住していたマイトナーに手紙で知らせた。マイトナーは甥のフリッシュとともにウラン原子核の分裂についての理論を立て、崩壊一つあたり放出されるエネルギーを約200[[電子ボルト|メガ電子ボルト]]と計算した。フリッシュは実験によってこれを証明した。結果は『[[ネイチャー]]』誌で発表された。この過程はフリッシュによって生物の[[分裂|細胞分裂]]にたとえて「核分裂」と名付けられた。ハーンはこの発見により1944年の[[ノーベル化学賞]]を単独で受賞したが、亡命まで共同で研究にあたっていたマイトナーが賞から漏れたことについてはさまざま複雑議論政治的、学問的な事情関わっている。
 
核分裂の発見以前にも、[[放射能]]の正体や性質については40年にわたって研究が行われてきた。1932年に[[ジェームズ・チャドウィック]]が発見した中性子は[[核変換]]の新しい方法を生み出した。[[ローマ]]の[[エンリコ・フェルミ]]とその同僚は、当時知られていた最も重い元素である陽子数92のウランに中性子を照射し、核反応によって陽子数93と94の新元素が生成したと主張した。フェルミは「中性子照射によって新しい放射性元素が生成することを証明し、それと関連して遅い中性子によって引き起こされる核反応を発見した」ことによって1938年の[[ノーベル物理学賞]]を獲得している。しかし、この解釈が万人に受け入れられたわけではなかった。[[イーダ・ノダック]]はウランからもっと重い93番元素が生成したと考えるよりウラン原子核が数個の大きな破片に分かれたと考える方が妥当だと主張した。{{仮リンク|アリスティッド・フォン・グローセ|en|Aristid von Grosse}}はフェルミのグループが発見したのは陽子数91の[[プロトアクチニウム]]の同位体の一つだと考えた。