「陸上自衛隊のC4Iシステム」の版間の差分

編集の要約なし
== 固定型システム ==
[[File:JGSDF Northern Army Office Main Building.JPG|thumb|陸自指揮システムの入る北部方面総監部庁舎]]
'''陸自指揮システム'''は陸上自衛隊の基幹となる戦略/作戦級C4Iシステムであり、2001年頃は'''陸自システム'''('''G-NET''')と呼ばれた<ref>[http://www.nids.mod.go.jp/publication/east-asian/pdf/east-asian_j2001_09.pdf 東アジア戦略概観2001] [[防衛研究所]]</ref>。システムは維持運営区分により次の3つに分類される。下位のシステムはそれぞれ、直近上位のシステムと相互に連接して、[[共通作戦状況図]](COP)を提供する。
#'''陸幕システム''':[[陸上幕僚監部]]及び[[防衛大臣]]直轄部隊等に装備されるもの
#'''方面隊指揮システム''':[[方面隊|方面総監部]]及び方面直轄部隊等に装備されるもの
 
陸自クローズ系クラウド基盤はこれらのシステムから入力された情報を継続的にデータベース化し、必要な情報を検索・抽出して、COPの作成・更新、訓練統裁、教育、運用解析等の各種機能をウェブサービスとして提供する<ref name="FGC4I3" >[https://www.mod.go.jp/gsdf/dc/cfin/PDF/koukoku/i202-2.6.30.pdf 将来陸自C4Iシステムのシステムインテグレーション技術支援役務(その3)]</ref>。
 
2021年の段階で、固定型システムの流れを組む正蒼院は野外端末での運用や<ref>[https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/5d/06_higashi/20210803higashi.pdf ひがし北海道だより第210号]、[[第5旅団 (陸上自衛隊)|第5旅団]]</ref>、特科隊や指揮所と各中隊間での情報提供が行われておりいる<ref>[https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/5d/06_higashi/20210628higashi.pdf ひがし北海道だより第209号]、[https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/5d/06_higashi/20211007higashi.pdf ひがし北海道だより第212号]、[[第5旅団 (陸上自衛隊)|第5旅団]]</ref>、将来的には固定型・野外型の区分けも解消すると見られる
 
== 野外型システム ==
 
本システムはFiCS・FCCS・ADCCS・野外通信システムの改修とSNMS(システム[[ネットワーク管理]]システム)で構成され、「共通アプリ」「対空アプリ」「火力アプリ」「近接アプリ」としてCOP・FCPを提供する<ref name="FGC4I3" /><ref>[https://www.mod.go.jp/j/yosan/yosan_gaiyo/2020/yosan_20200330.pdf 防衛省 我が国の防衛と予算 令和2年度予算の概要]</ref>。「共通アプリ」は野外通信システム内のReCSの機能が、「対空アプリ」はADCCSが、「火力アプリ」はFCCSが、「近接アプリ」は10NWが発展したものになる。
 
2021年の段階で、固定型システムの流れを組む正蒼院は野外端末での運用や<ref>[https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/5d/06_higashi/20210803higashi.pdf ひがし北海道だより第210号]、[[第5旅団 (陸上自衛隊)|第5旅団]]</ref>、特科隊や指揮所と各中隊間での情報提供が行われており<ref>[https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/5d/06_higashi/20210628higashi.pdf ひがし北海道だより第209号]、[https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/5d/06_higashi/20211007higashi.pdf ひがし北海道だより第212号]、[[第5旅団 (陸上自衛隊)|第5旅団]]</ref>、将来的には固定型・野外型の区分けも解消すると見られる。
 
== 脚注 ==