「クロノス (ラジオ番組)」の版間の差分

タグ: 2017年版ソースエディター
なお、本編では番組開始当初から、番組の正式名称にパーソナリティーの名前を冠している。[[2009年]][[4月1日]]から[[2019年]][[3月28日]]までの月 - 木曜日は『'''中西哲生のクロノス'''』(なかにしてつおのクロノス)、[[2016年]][[4月1日]]から[[2019年]][[3月29日]]までの金曜日は『'''速水健朗のクロノス・フライデー'''』(はやみずけんろうのクロノス・フライデー)というタイトルで放送していた。
 
== 番組概要 ==
[[ジャパンエフエムネットワーク平日朝ワイド枠]]として放送されてきた[[SKY (ラジオ番組)|SKY]]の後継番組として、2008年4月から放送を開始した。
 
2018年4月からは、ターゲットリスナーのライフスタイルの早朝化に対応すべく、[[TOKYO FM]]が関東ローカル番組として月 - 金曜日 5:00 - 5:55に『'''クロノスWIZ'''』を新設した。この番組では、最初の半年間は6:00からの本編でアシスタントを務めるパーソナリティが単独でメインパーソナリティを担当する形だったが、同年10月からはアシスタントを片方の番組に集約・一本化させたうえで同番組専任としてのパーソナリティが番組進行を行う形式になった。「WIZ」ではニュース、天気予報、音楽・「未来授業」の再放送を中心に放送する。ちなみに本編でも、番組開始から『中西哲生のクロノス』『リサ・ステッグマイヤーのクロノス』時代の2010年3月まで、5:00から放送を始めていた。
 
== シリーズの終焉 ==
放送は11年にわたって続いたが、2019年3月4日の6時台オープニングと「クロノス~MUSIC」コーナー内(後者は全38局ネット)で『'''中西哲生のクロノス'''』を同年3月28日(木曜日)<ref>[https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/04/kiji/20190304s00041000130000c.html 人気番組「中西哲生のクロノス」3月で終了 TOKYOFM“朝の顔”が10年の歴史に幕](『[[スポーツニッポン]]』[[2019年]][[3月4日]]付記事)</ref>をもって終了する事が中西本人の口から発表された。中西自体は2009年4月にパーソナリティを引き継いでからこの春で満10周年という形で区切りを迎える事となった。同日、速水も自身のTwitterで『'''速水健朗のクロノス・フライデー'''』も翌29日(金曜日)で放送を終了する予定であることを伝えている<ref>[https://twitter.com/gotanda6/status/1102350045460873217 僕の金曜クロノスもあとラスト4回です。] - 速水健朗Twitter 2019年3月4日更新 2019年3月9日閲覧</ref>。
 
最終回前週の3月21日にはリスナーからの要望が多かった、Ginza Sony Parkから最後の公開生放送が行われた<ref>[https://twitter.com/chronos2010/status/1105949468396916737 #てつお 選曲の スピッツ「タイムトラベル」] - TOKYOFM/JFN「クロノス」 Twitter 2019年3月13日更新 2019年3月28日閲覧</ref>。また、最終週の27日には8時台のTOKYO FMローカルパートで幾度か交流してきた夜帯のワイド番組『[[Skyrocket Company]]』の[[マンボウやしろ]]と[[浜崎美保]]が急遽出演<ref>[https://twitter.com/chronos2010/status/1110703007992143873 #朝クロ晩ロケ が奇跡の揃い踏みを果たした、水曜日 #chronos] - TOKYOFM/JFN「クロノス」 Twitter 2019年3月26日更新 2019年3月28日閲覧</ref>。中西の最終日である28日の同時間帯には歴代最長となる6年半に渡ってアシスタントを務めた[[高橋万里恵]]<ref>[https://twitter.com/chronos2010/status/1111048043401404416 スタジオにまりえさん!大ニュースでした!] - TOKYOFM/JFN「クロノス」 Twitter 2019年3月28日更新 2019年3月28日閲覧</ref>や速水も登場した他、中西が所属する事務所の社長でもあり『[[サンデーモーニング]]』([[TBSテレビ]])でも共演している[[関口宏]]からメッセージコメントが送られた<ref>[https://twitter.com/chronos2010/status/1111049354259816449 てっちゃん!お疲れ様でした。あっぱれ!関口宏でした。] - TOKYOFM/JFN「クロノス」 Twitter 2019年3月28日更新 2019年3月28日閲覧</ref>。また、翌29日の最終回では番組終盤、2010年10月から2017年3月までのエンディング曲「Wonderfull World」(高橋ちか)が速水の選曲により掛けられた。その後、エンディングには中西と2018年3月まで速水のアシスタントだった高橋も駆けつけ、最後は速水が「3年間お付き合いありがとうございました。『クロノス』は終わりますが[[平成]]はあと1か月続きます<ref>この時、平成から[[令和]]への改元を約1か月後に控えていた(なお、元号「令和」は番組終了から3日後の4月1日に発表された)。</ref>。素敵な週末を」と挨拶し、通算2008年から放送された『クロノスシリーズ』は11年の歴史に幕を閉じ降ろした。
 
4月1日より後番組として『[[ONE MORNING]]』を開始。基本的な番組構成や後述の2つを除く一部のコーナーは『クロノス』終了時点のものを引き継いだが、新たに声優の[[鈴村健一]]とフリーアナウンサーの[[エリザベス・ハードキャッスル|ハードキャッスル・エリザベス]]をパーソナリティに迎えた<ref>[https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001656.000004829.html 人気声優・鈴村健一が平日朝の新ニュースワイド番組に登場!<TOKYO FM新番組>『ONE MORNING』 - PR TIMES]</ref>。5時台の『クロノスWIZ』はケリーアンがパーソナリティを続投した上で、タイトルを『ラ・ラ・トーキョー』に改題した<ref>[https://twitter.com/chronos_wiz_TFM/status/1109922505232273408 【お知らせ】] - TOKYO FM『クロノスWIZ』Twitter 2019年3月25日更新 2019年3月25日閲覧</ref>が、同年10月で終了した。