「三越のライオン像」の版間の差分

m
少し表現見直し、画像追加
m (少し表現見直し、画像追加)
タグ: メディア追加
'''三越のライオン像'''(みつこしのライオンぞう)本項では、大手[[百貨店]]'''[[三越]]'''の店舗玄関に設置されている[[青銅]]製の'''[[ライオン]]'''(ライオンぞう)について述べる。
 
== 歴史 ==
[[File:Bronze_lion_and_church_spire,_Trafalgar_Square_-_geograph.org.uk_-_1600280.jpg|thumb|モデルとなった、トラファルガー広場のライオン像。]]
初めて三越の店頭にライオンの像が設置されたのは、[[1914年]](大正3年)の[[日本橋三越本店]]開業時であった。ライオン像設置の発案者は三越創業時の支配人の[[日比翁助]]で、旧来の呉服商から百貨店開設への転換に向けて欧米を視察した際に[[イギリス]]で発注した。[[ロンドン]]の[[トラファルガー広場]]の{{仮リンク|ネルソン記念塔|en|Nelson's Column}}の下にある4頭の獅子像がモデルとされ、英国の彫刻家{{仮リンク|レオナルド・スタンフォード・メリフィール|en|Leonard_Stanford_Merrifield}}が型どり、鋳造師のバルトンが制作。完成まで3年を要し、イギリスの彫刻家の間でも話題になった<ref>[https://www.mistore.jp/store/nihombashi/column_list_all/nihombashi_history/list02.html 「ライオン像」](日本橋三越本店の歴史再発見)</ref>。日比は無類の[[ライオン]]好きとして知られ、息子に雷音と名付けるほどであった。[[1972年]]には、三越の前身である越後屋の創業300年を記念して三越各店にライオン像が設置された<ref name="niigata-nippo">{{Cite news |title=新潟三越閉店 ライオン像どこに|newspaper=[[新潟日報]]|date=2020-01-05|url=https://www.niigata-nippo.co.jp/moretoku/200105.html|accessdate=2021-10-09}}</ref>。
 
2014年4月にはライオン像100歳を記念して、日本橋本店でライオンにちなんだ商品の販売や、熊本県の「[[お菓子の香梅]]」によるチョコレート製の等身大ライオン像の展示、地下倉庫に保管していた5体のライオン像の一般公開などが行われた<ref>{{Cite news |title=日本橋三越のライオン像100歳。ライオン3000頭が大誕生祭を開催|newspaper=[[FASHION HEADLINE]]|date=2014-03-18|url=https://www.fashion-headline.com/article/4567|accessdate=2021-10-12}}</ref>。
日本橋本店のライオン像は座った姿勢で[[台座]]に載り、足から尾まで269[[センチメートル|cm]]、台座を含めた頭までの高さは120cm{{r|takaoka}}。1941年12月、[[太平洋戦争]]開戦による[[金属類回収令]]強化を憂慮した三越は、ライオン像を[[海軍省]]に供出した。幸いにして像は溶解を免れ、終戦後に[[東郷神社 (渋谷区)|東郷神社]]に放置されていたところを三越社員に発見され、再び本店玄関に設置された<ref>{{Cite book|和書|author = 株式会社三越|year = 2005-5|title =株式会社三越100年の記録|publisher = |pages=151}}</ref>。
 
2019年現在、三越12店中11店の店頭にライオン像が設置され、そのうち日本橋本店・[[仙台三越]]・[[福岡三越]]と2020年閉店以前の新潟三越には玄関の両側に2頭いる{{r|niigata-nippo}}。2014年には、100歳を迎える日本橋本店のライオンが[[三陽商会]]の特注の[[コート (衣服)|コート]]を着た。2体のライオンはサイスが微妙に異なり、1体ずつ特別オーダーで仕上げられている<ref>{{Cite news |title=来年100歳の三越のライオンが初めてコートをオーダー!?|newspaper=[[FASHION HEADLINE]]|date=2013-11-25|url=https://www.fashion-headline.com/article/5268|accessdate=2021-10-12}}</ref>。このほかにも季節や地域にあわせ、[[浴衣]]<ref>{{Cite news |title=ライオン像も夏の装い 青い浴衣に真っ赤なスイカも 高松三越|newspaper=[[瀬戸内海放送]]|date=2021-07-16|url=https://news.ksb.co.jp/article/14396522|accessdate=2021-10-12}}</ref>や[[ハロウィン]]<ref>{{Cite news |title=札幌三越ライオン像、43歳でコスプレ初挑戦 ハロウィーン仕様に|newspaper=[[みんなの経済新聞ネットワーク|札幌経済新聞]]|date=2015-10-30|url=https://sapporo.keizai.biz/headline/2375/|accessdate=2021-10-12}}</ref>、[[サンタクロース]]<ref>{{Cite web |date=2020-11-28|url=https://sendai-tushin.jp/2020/11/28/post-156944/|title=仙台三越のクリスマスのマント姿の『ライオン像』、2020年も登場!|publisher=仙台つーしん|accessdate=2021-10-12}}</ref>などのコスチュームなどを着用することがある。[[広島三越]]では、2018年に[[広島東洋カープ]]がリーグ優勝した際に同球団のユニフォームを身にまとった<ref>{{Cite news |title=広島カープ情報 祝福ムード、笑顔満開|newspaper=朝日新聞デジタル|date=2018-09-28|url=http://www.asahi.com/area/hiroshima/articles/MTW20180928350120001.html|accessdate=2021-10-12}}</ref>。このユニフォームは、学生時代に女子野球で活躍した同店のカープファンのスタッフの手作りだという<ref>{{Cite news |title=広島でカープの健闘たたえセール始まる ライオン像で「カープ家族」再現も|newspaper=広島経済新聞|date=2018-11-05|url=https://hiroshima.keizai.biz/headline/2920/|accessdate=2021-10-12}}</ref>。[[日本における2019年コロナウイルス感染症による社会・経済的影響|2019年コロナウイルス感染症の流行]]を受け、銀座や仙台、広島などのライオン像は三越のロゴが入った[[マスク]]を着用した<ref>{{Cite news |title=銀座三越のライオン像が巨大マスク装着で話題に…「欲しい」の声に三越ロゴ入り「人間用マスク」開発も検討へ|newspaper=[[まいどなニュース]]|date=2020-06-10|url=https://maidonanews.jp/article/13444289|accessdate=2021-10-12}}</ref>。
 
1972年に三越各店に設置された像のうち、銀座店の像は[[富山県]][[高岡市]]で鋳造された[[高岡銅器]]である。その縁から、高岡市内にはいくつかのライオン像を見ることができる<ref name="takaoka">{{Cite web |date=2006-08-30|url=https://www.yamagen-jouzou.com/murocho/aji/douzou/index_douzou.html|title=高岡銅像物語 銀座三越のライオン像|publisher=[[山元醸造]]|accessdate=2021-10-09}}</ref>。
 
[[名古屋三越_(企業)|名古屋三越栄店]]のライオン像は、1980年に前身の[[オリエンタル中村百貨店]]から三越に改称した際に、それまでの[[カンガルー]]の像に代わり正面玄関前に設置された。2006年の改装の際に玄関の左隅に移動したが、2019年9月に再び正面玄関前に移設された。三越は名古屋市内に2店舗あるが、各店のライオン像は少しずつ表情が異なり、[[名古屋市]]内に2店舗ある三越のうち[[栄 (名古屋市)|栄]]店と[[星ヶ丘 (名古屋市)|星ヶ丘]]店でも微妙に顔立ちが違っている。オリエンタル中村のシンボルだったカンガルー像は、2019年現在も栄店の屋上に大切に残されている<ref>{{Cite news |title=三越『ライオン像』 名古屋・栄の店で13年ぶりに中央へ 遡ってみたら40年前は“カンガルー像”だった|newspaper=[[東海テレビ放送]] [[ニュースOne]]|date=2019-09-23|url=https://www.tokai-tv.com/newsone/corner/20190923-mitsukoshilion.html|accessdate=2021-10-12}}</ref>。
 
ライオン像には、「誰にも見られずに背にまたがると願いがかなう」という必勝祈願の言い伝えがある<ref>{{Cite web |date= |url=https://www.jk-tokyo.tv/zatsugaku/216/|title=東京おもしろ雑学 日本橋三越本店-必勝祈願のライオン像-|publisher=東京さんぽ([[住建ハウジング]])|accessdate=2021-10-12}}</ref>。
MimeguriLionStatue.jpg|池袋から東京都墨田区の[[三囲神社]]に移り、余生を送る。
Gōshō_pocket_park.jpg|三井家発祥の地である松阪市の、豪商ポケットパーク。三越から寄贈されたライオン像がいる(前任地不詳)。
三越獅子像, 日本橋, 東京, 日本, 三越ライオン像, 日本橋室町, にほんばしむろまち, Nihonbashi Muromachi, Muromachi, Tokyo, Japan (13756749973).jpg|2014年、「100歳」を記念して地下の倉庫から再び来店客の前に姿を現した。
</gallery>
=== 退任後の行方 ===