「枯草菌」の版間の差分

m
 
==歴史==
1835年に[[:en:Christian Gottfried Ehrenberg|Christian Gottfried Ehrenbergクリスチャン・ゴットフリート・エーレンベルク]]によって発見された<ref name=Ehrenberg1835>{{cite book |author=Christian Gottfried Ehrenberg |title=Physikalische Abhandlungen der Koeniglichen Akademie der Wissenschaften zu Berlin aus den Jahren 1833-1835|pages=145-336|year=1835 |authorlink=:en:Christian Gottfried Ehrenberg}}</ref>。最初に発見されたとき、''Vibrio subtilis''と名付けられた。Ferdinand Cohnによって現在の学名''Bacillus subtilis''が生まれたのは1872年であった<ref name=Cohn_1872>{{cite book |last=Cohn |first=Ferdinand | name-list-format = vanc |chapter=Untersuchungen über Bacterien |chapterurl=https://books.google.com/books?id=wnyHvEtfRrQC&pg=RA1-PA127 |title=Beiträge zur Biologie der Pflanzen |year=1872 |volume=1 |pages=127-224 |authorlink=:en:Ferdinand Cohn}}</ref>。和名の枯草菌は、枯れた草の表面などからこの細菌が分離されることが多いために付けられた。''Bacillus uniflagellatus''、''Bacillus globigii''、''Bacillus natto''は[[シノニム]]である。最初に研究対象となった細菌の一つである。現在でも細胞の発生と分化の[[モデル生物]]に一般的に用いられている。
 
==利用==