「2021年のテレビ (日本)」の版間の差分

* [[10月4日|4日]] -【配信・地域報道・経済】テレビ東京系列5局(テレビ東京を除く)はこの日、[[日本経済新聞社]]運営のニュースアプリ「[[日経電子版]]」との共同制作により、地域経済の動画ニュース配信プロジェクト「[[ローカルビジネスサテライト|LBS ローカルビジネスサテライト]]」を始動。同月より5局の平日夕方ローカルニュース各番組にて新コーナー「'''ローカル5局発'''」を開始、地域ビジネスの最新ニュースやトレンドなどを発信する<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXZQODL280AH0Y1A920C2000000/ 地域ビジネスの今、TV5局と動画ニュース] 日本経済新聞、2021年10月4日配信・閲覧</ref>{{efn2|[[テレビ愛知]](TVA)は『[[5時スタ]]』(火曜)、[[テレビ大阪]](TVO)は『[[やさしいニュース]]』(火曜2部)、[[テレビせとうち]](TSC)は『[[ななスパ///|ななスパ///BIZ]]』(金曜)、[[TVQ九州放送]]は『[[ふくサテ!]]』(火曜)の各番組内で1コーナーとして放送。また[[テレビ北海道]](TVh)は水曜の『[[5時ナビ]]』終了後続けてミニ番組として放送する。}}。
* [[10月5日|5日]]
**【訃報】読売新聞政治部記者として[[佐藤栄作|佐藤榮作]](元[[内閣総理大臣]]、1975年没)の番記者を務め、後に同社政治部長・西部本社編集局長を経て日本民間放送連盟専務理事、福島中央テレビ社長・会長、[[NHK経営委員会|日本放送協会経営委員]]などを務めたジャーナリスト・実業家の[[北原健児]]がこの日、心原性脳梗塞にてのため死去(83歳没)<ref>{{Cite news2|title=北原健児さん死去|date=2021-10-13|newspaper=朝日新聞デジタル|url=https://www.asahi.com/articles/DA3S15074273.html|agency=朝日新聞社|accessdate=2021-10-13}}</ref>。
**【配信】TBSと[[Netflix]]はこの日、TBSが制作するコンテンツを順次全世界向けに配信を行うことで合意。第1弾として、10日から放送開始のドラマ『[[日曜劇場]]・[[日本沈没-希望のひと-]]』( - 12月予定)を毎週、放送日翌日未明の0時から配信<ref>[https://natalie.mu/eiga/news/448035 TBSとNetflix、「日本沈没」「未来日記」など新作3本を全世界に配信] 映画ナタリー、2021年10月6日配信、10月7日閲覧</ref>。
* [[10月6日|6日]]
**【事故・健康問題】日本テレビの音楽番組『[[バズリズム02]]』において、9月30日にアイドルグループ・[[Peel the Apple]]が[[トランポリン]]を跳ぶ企画のロケを行った際に一部のメンバーから体調不良や負傷などを訴える事案があったことを、同局がこの日までに公表。このアクシデントにより同グループのメンバーの中に一時活動停止や制限を余儀なくされる者が出る事態となったことも明らかにされた<ref>[https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202110060000643.html 日テレ「バズリズム02」トランポリン撮影で8人組アイドル負傷] 日刊スポーツ、2021年10月6日配信・閲覧</ref>。
**【訃報】日本を代表するクラシック音楽の[[ピアニスト]]のひとりで、NHKのクラシック音楽番組『[[名曲アルバム]]』では「[[エリーゼのために]]」([[ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン|ヴェートーヴェン]])「[[幻想即興曲]]」([[フレデリック・ショパン|ショパン]])などの楽曲で[[ピアノ]]演奏を担当した音楽家の[[神谷郁代]]がこの日、肺炎のため永眠死去(75歳没)<ref>{{Cite news2|title=ピアニストの神谷郁代さん死去、75歳…エリザベート国際コンクールで入賞 |date=2021-10-08|newspaper=Yomiuri ONLINE讀賣新聞オンライン|url=https://www.yomiuri.co.jp/culture/music/20211008-OYT1T50251/|agency=讀賣読売新聞社|accessdate=2021-10-14}}</ref>。
* [[10月7日|7日]]
**【放送事故・CM・近畿広域圏】読売テレビは、6月7日未明(6日深夜)に放送する予定だった15秒CM1本が正常に放送されていなかったことを公表。原因は当該CMを放送する番組が放送休止となり、別の枠にCMを移動させる措置を怠ったこと、また管理責任者らがシステム上のエラー表示を見落としていたもの。CMの未放送は広告主からの指摘で判明。事情説明をした上で謝罪、了解を得たという。同局は再発防止策としてシステムの改修、チェック体制・作業フローを全面的に見直したとした<ref>[https://www.daily.co.jp/gossip/2021/10/07/0014741288.shtml 読売テレビ 6月6日深夜に予定したCMを放送せず 広告主からの指摘で判明] デイリースポーツ、2021年10月7日配信・閲覧</ref>。
匿名利用者