「リュウキュウカラスザメ」の版間の差分

編集の要約なし
m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
 
|生息図キャプション = 分布
}}
 
'''リュウキュウカラスザメ''' {{Snamei|Etmopterus bigelowi}} は[[カラスザメ科]]に属する[[サメ]]の一種。全世界の深度110-1000mの[[海底]]か[[中深層]]に生息する。[[カラスザメ]]と[[種群]]を形成し、細長い体、大きな頭部、乱雑に並んだ[[皮歯]]という共通点がある。67cmに達し、[[発光器]]を持つ。[[卵胎生]]で餌は小さな[[イカ]]・[[魚]]・[[魚卵]]。[[IUCN]]は[[保全状況]]を[[軽度懸念]]としている。
 
==分類==
1993年、日本の[[魚類学者]][[白井 滋|白井滋]]と立川浩之により、[[科学誌]]''Copeia''に、[[カラスザメ]][[種群]]の[[分類学]]的再検討の一環として記載された。 彼らは、カラスザメ ''E. pusillus'' にはこれまで認識されていなかった第二の種、''E. bigelowi''が含まれることを明らかにした。[[種小名]]はHenry B. Bigelow(William C. Schroeder・[[w:Stewart Springer|Stewart Springer]]と共にカラスザメ類の記載に関わった)への献名である<ref name="shirai and tachikawa"/>。この種群の特徴は、乱雑に並んだ切り株状の[[皮歯]]である<ref name="shirai and tachikawa">{{cite journal |doi=10.2307/1447149 |title=Taxonomic Resolution of the ''Etmopterus pusillus'' Species Group (Elasmobranchii, Etmopteridae), with Description of ''E. bigelowi'', n. sp. |author=Shirai, S. and H. Tachikawa |journal=Copeia |volume=1993 |issue=2 |date=May 3, 1993 |pages=483&ndash;495 |jstor=1447149}}</ref>。
 
==分布==