「内藤鳴雪」の版間の差分

 
伊予松山藩の上級武士内藤房之進と八十(やそ)の長男として、藩の[[江戸]][[江戸藩邸#中屋敷|中屋敷]]に生まれた。8歳のときから父に[[漢籍]]を教わり、また、[[草双紙]]類を好み、寄席や義太夫も知った。なお、同時期に小使として出仕していた[[原田左之助]](後の[[新撰組]]幹部で十番隊隊長。当時15,6歳)と会っており、遊んで貰った事もあった<ref>PHP新書 新選組証言録: 『史談会速記録』が語る真実 著者: 山村竜也106p</ref>。1855年(安政2年)に、中屋敷在中に[[安政の大地震]]で被災するも、鳴雪を含め屋敷内関係者全員が無事だった<ref>洋泉社『幕末証言「史談会速記録」を読む』 著者:菊池明P15</ref>。1857年([[安政]]4年)(11歳)、父の転勤で一家の故郷[[松山市|松山]]に移り、[[藩校]][[明教館]]で[[漢学]]を学び、また、[[剣術]]も習ったが、『武』よりは『文』に優れた。翌年房之進が[[京都]]の[[留守居]]役となり、一家が8ヶ月だけ京都に住んだ時期にも、若党に芝居・寄席・義太夫へ連れられた。その後も長く芝居好きだった。
 
1863年([[文久]]3年)(17歳)、[[元服]]して師克を名乗り、幹部の卵として明教館に寄宿し、[[大原観山|大原武右衛門]]([[正岡子規]]の母方の祖父)に漢詩を学んだ。1864年藩主の嗣子[[松平定昭]]の[[小姓]]となり、翌年の第二次[[長州征討|長州征伐]]に従った。1867年([[慶応]]3年)、隠居した前藩主[[松平勝成]]の側付となった。り、(春日)チカを娶った。命じられて京都の[[水本保太郎]]の塾に学び、翌年水本の転勤に従って東京の[[昌平坂学問所]]へ入寮した。1869年、松山に戻り、翌年から権少参事として教館の学則改革携わた。1872年、学区取締となり、小学校・中学校の拡充に努めて、[[県令]][[岩村高俊]]に認められた。1877年には、広島・岡山・山口・島根の連合教育会の議長に推された。
 
1867年(慶応3年)、命じられて京都の[[水本保太郎]]の塾に学び、翌年水本の転勤に従って東京の[[昌平坂学問所]]へ入寮した。1869年、松山に戻り、翌年から権少参事として明教館の学則改革に携わった。1872年、学区取締となり、小学校・中学校の拡充に努めて、[[県令]][[岩村高俊]]に認められた。1877年には、広島・岡山・山口・島根の連合教育会の議長に推された。
 
1880年(明治13年)(33歳)、[[文部省]]へ転じ、累進して1886年、書記官・往復課長となった。旧藩主[[久松定謨|久松家]]の諮問員に加わり、常盤会<ref>[http://www.lib.ehime-u.ac.jp/KUHI/JAP/syukusya.html]</ref>寄宿舎監督を引き受けた。東京に学ぶ松山の子弟の寮である。
10,175

回編集