「ポール・ブラックバーン (野球)」の版間の差分

m
(40人枠入り他)
 
{{by|2017年}}は開幕を傘下のAAA級[[ナッシュビル・サウンズ]]で迎え、7月1日にメジャー初昇格を果たした<ref>{{Cite web|url=http://m.athletics.mlb.com/news/article/239720570/blackburn-to-debut-opposite-veteran-dickey/?topicId=26688732 |title=Prospect Blackburn gets callup for spot start|author=Alex Espinoza|website=MLB.com|language=英語|date=2017年7月1日|accessdate=2017年9月22日}}</ref>。同日の[[アトランタ・ブレーブス]]戦にて先発でメジャーデビュー(結果は6回無失点も勝敗付かず)。次の登板となった6日のマリナーズ戦では7.2回を1失点の投球でメジャー初勝利を挙げた<ref>[http://www.espn.com/mlb/recap?gameId=370706112 Davis, Blackburn lead Athletics over Mariners 7-4]</ref>。
 
{{by|2021年}}2月23日に[[ミッチ・モアランド]]の加入に伴って[[戦力外通告#メジャーリーグ|DFA]]となり<ref>{{Cite web|title=Athletics Designate Paul Blackburn For Assignment|url=https://www.mlbtraderumors.com/2021/02/athletics-dfa-paul-blackburn.html |website=MLB Trade Rumors|accessdate=2021-02-23|language=en-US}}</ref>、27日にマイナー契約でAAA級[[ラスベガス・アビエイターズ]]<ref>2019年にラスベガス・フィフティワンズより球団名変更及びアスレチックス傘下</ref>へ配属された<ref name="MLBstats" />。この年は5月のマイナーリーグ開幕からAAA級ラスベガスでプレーし、17試合(先発16試合)に登板して4勝7敗、防御率4.97、80奪三振を記録した。8月18日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした<ref>{{Cite web|url=https://www.mlbtraderumors.com/2021/08/athletics-select-paul-blackburn.html/ |title=Athletics Select Paul Blackburn|author=Anthony Franco|website=MLB Trade Rumors|language=英語|date=2021年8月18日|accessdate=2021年10月1817日}}</ref>。以降は[[先発ローテーション]]入りしてシーズン終了までメジャーに帯同し、9試合に先発登板して1勝4敗、防御率5.87、26奪三振を記録した。
 
== 投球スタイル ==