「海峡植民地」の版間の差分

編集の要約なし
(+no footnotes)
タグ: メディア追加 メディア除去
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
}}
{{マレーシアの歴史}}
'''海峡植民地'''(かいきょうしょくみんち、[[英語]]:Straits Settlements, 、当時では'''叻嶼呷'''、[[1826年]] - [[1946年]])は、[[19世紀]]から[[20世紀]]前半にかけての[[マレー半島]]における[[イギリス]]植民地の名称。[[1826年]]に、東西交通の要衝[[マラッカ海峡]]に面している[[ペナン]]、[[マラッカ]]、[[シンガポール]]よりなる植民地として形成された。[[1886年]]から[[ココス島 (インド洋)|ココス島]]と[[クリスマス島 (オーストラリア)|クリスマス島]]が、[[1906年]]に[[ラブアン|ラブアン島]]が編入された。
 
なお、マレー語に忠実に記すとすれば、「ピナン」「ムラカ」などと地名を表記すべきであろうが、以下はイギリス支配下の行政区としての海峡植民地についての記述であるので、英語の発音に準じて地名を記す。
367

回編集