「油井徳蔵」の版間の差分

(→‎参考文献: 修正。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
== 経歴 ==
油井宇之助の二男として<ref name=jinji14>『人事興信録 第14版 下』ユ3頁。</ref>、のちの[[福島県]][[福島市]][[本町 (福島市)|本町]]<ref name=kenshi>『福島県史 第22巻』514頁。</ref>に生まれる{{sfn|太田|1936|loc=56頁|ref=fukushima-seijika}}。幼年期は[[伊達郡]][[保原町]]の豪商福井商店に丁稚奉公する{{sfn|太田|1936|loc=56頁|ref=fukushima-seijika}}。[[1910年]](明治43年)以降、福島県輸出絹織物同業組合連合会議員、同同業組合長、福島商業会議所議員、副会頭、会頭、同市会議員のほか、第一福島羽二重社長、福島羽二重、二本松羽二重、福島商業銀行、川俣銀行、九笹機業場、福島誠壱などの重役を歴任した{{sfn|衆議院、参議院 編|1960|loc=219頁|ref=70th-1}}。
 
[[1932年]](昭和7年)福島県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年9月29日<ref>『官報』第1727号、昭和7年9月30日。</ref>から[[1939年]](昭和14年)9月28日まで在任した{{sfn|衆議院、参議院 編|1960|loc=219頁|ref=70th-1}}。