「吉もと誠」の版間の差分

m
編集の要約なし
(読み切り追加)
m
 
| 公式サイト =
}}
'''吉もと 誠'''(よしもと まこと、[[1977年]][[4月6日]]<ref name="taidan">{{Cite web|publisher=コロコロオンライン|url=https://corocoro.jp/33352/|title=まんが家を目指す人は必ず読むべし! 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴSP対談〜1〜|date=2019-02-06|accessdate=2021-01-10}}</ref> - )は、[[日本]]の[[漫画家]]。[[千葉県]]出身<ref name="taidan" />。[[日本デザイナー学院]]デザイン研究科マンガコース出身<ref>{{Cite web|publisher=日本デザイナー学院|url=https://ndg.ac.jp/wp/manga/archives/252|title=マンガ科卒業生情報 吉もと誠先生|date=2019-02-06|accessdate=2021-01-10}}</ref>。
 
== 来歴 ==
 
== 人物 ==
* 世界一美味しい食べ物は[[白飯]]だという<ref>『月刊コロコロコミック』2020年10月号目次コメントより。</ref>。無性に[[ガリガリ君]]が食べたくなった時、夏を感じるという<ref>『月刊コロコロコミック』2019年8月号目次コメントより。</ref>。好きな言葉は「嘘も方便」<ref>『月刊コロコロコミック』2020年6月号目次コメントより。</ref>。
* [[ファミリーコンピュータ|ファミコン]]のソフトを80個くらい持っていることが自慢で<ref>『月刊コロコロコミック』2018年12月号目次コメントより。</ref>、今まで一番ハマったゲームは「[[ロックマンシリーズ|ロックマン]]」<ref>『月刊コロコロコミック』2020年9月号目次コメントより。</ref>。
 
* 好きなお笑い芸人に[[ファミリートム・ブラウン (お笑いコンピュータビ)|ファミコトム・ブラウン]]のソフト80個くらい持っ挙げていることが自慢で<ref>『月刊コロコロコミック』2018年12月号目次コメントより。</ref>、今まで一番ハマったゲームは「[[ロックマンシリーズ|ロックマン]]」<ref>『月刊コロコロコミック』2020202192月号目次コメントより。</ref>。
 
好きなお笑い芸人に[[トム・ブラウン (お笑いコンビ)|トム・ブラウン]]を挙げている<ref>『月刊コロコロコミック』2021年2月号目次コメントより。</ref>。
 
=== 漫画家について ===
* 『[[週刊少年ジャンプ]]』に4回くらい持ち込んだことがあるが、編集者に漫画作品の主人公の年齢や読者層が低いと言われ、子供向け雑誌を勧められた<ref name="taidan2" />。その後、甥が持っていた『[[コロコロコミック]]』を読み、面白さに衝撃を受け、漫画を投稿した<ref name="taidan2" />。元々は『ジャンプ』で描くつもりだったため、『コロコロ』で描くことに後ろめたさがあり、子供向け漫画の描き方に悩んで追い詰められていたところから、『ゴクオーくん』のダークな主人公が生まれた<ref name="taidan2" />。『コロコロ』の編集者に[[樫本学ヴ]]の漫画を読み勉強するように言われ、参考にしている<ref name="taidan2" />。キャラクターの等身が高くなってしまう時は[[野比のび太|のび太]]を想像し、軌道修正している<ref name="taidan3">{{Cite web|publisher=コロコロオンライン|url=https://corocoro.jp/33399/|title=かつて描いたオマージュ作品『プロレスマン』『ケツ肛門』!? 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴSP対談〜3〜|date=2019-02-08|accessdate=2021-01-10}}</ref>。作画はアナログ作業である<ref name="taidan3"/>。ネームに詰まった時は頭を小学生に戻し、面白いか、意味がわかるかと自問自答しながら考えている<ref name="taidan4">{{Cite web|publisher=コロコロオンライン|url=https://corocoro.jp/33428/|title=「うんこを出すなら、その必然性がないとダメです」 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴSP対談〜4〜|date=2019-02-09|accessdate=2021-01-10}}</ref>。目標は『ウソツキ!ゴクオーくん』の連載1話目でしか取れたことがないアンケート1位を再び取ること<ref name="taidan4" />。平成で一番嬉しかったことは『コロコロ』で漫画家になれたことだといい<ref>『月刊コロコロコミック』2019年5月号目次コメントより。</ref>、児童まんが家であることを誇りに思っており、大人になった読者が「ゴクオーくんは面白かった」と言ってくれることを期待している<ref name="taidan2" />。
* キャラクターの等身が高くなってしまう時は[[野比のび太|のび太]]を想像し、軌道修正している<ref name="taidan3">{{Cite web|publisher=コロコロオンライン|url=https://corocoro.jp/33399/|title=かつて描いたオマージュ作品『プロレスマン』『ケツ肛門』!? 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴSP対談〜3〜|date=2019-02-08|accessdate=2021-01-10}}</ref>。
* 作画はアナログ作業である<ref name="taidan3"/>。
* ネームに詰まった時は頭を小学生に戻し、面白いか、意味がわかるかと自問自答しながら考えている<ref name="taidan4">{{Cite web|publisher=コロコロオンライン|url=https://corocoro.jp/33428/|title=「うんこを出すなら、その必然性がないとダメです」 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴSP対談〜4〜|date=2019-02-09|accessdate=2021-01-10}}</ref>。
* 目標は『ウソツキ!ゴクオーくん』の連載1話目でしか取れたことがないアンケート1位を再び取ること<ref name="taidan4" />。
* 平成で一番嬉しかったことは『コロコロ』で漫画家になれたことだといい<ref>『月刊コロコロコミック』2019年5月号目次コメントより。</ref>、児童漫画家であることを誇りに思っており、大人になった読者が「ゴクオーくんは面白かった」と言ってくれることを期待している<ref name="taidan2" />。
 
=== 好きな漫画家など ===
* すごいと思う漫画家に[[村瀬範行]]を挙げている<ref name="taidan2" />。
すごいと思う漫画家に[[村瀬範行]]を挙げている<ref name="taidan2" />。漫画を描くきっかけとなった漫画は『[[ドラえもん]]』<ref>『月刊コロコロコミック』2020年3月号目次コメントより。</ref>。[[富樫義博]]が好きで、自身の絵に影響する時がある<ref name="taidan3"/>。特に『[[幽☆遊☆白書]]』に影響を受け、刺激を受けたと語っている<ref>『月刊コロコロコミック』2020年8月号目次コメントより。</ref>。『[[キン肉マン]]』が好きで「プロレスマン」というオマージュ漫画を描いたことがある<ref name="taidan3"/>。
* 漫画を描くっかけとお笑い芸人にった漫画は『[[トム・ブウン (お笑いコンビ)|トム・ブラウンえもん]]を挙げている<ref>『月刊コロコロコミック』2021202023月号目次コメントより。</ref>。
すごいと思う漫画家に[[村瀬範行]]を挙げている<ref* name="taidan2" />。漫画を描くきっかけとなった漫画は『[[ドラえもん]]』<ref>『月刊コロコロコミック』2020年3月号目次コメントより。</ref>。[[富樫義博]]が好きで、自身の絵に影響する時がある<ref name="taidan3"/>。特に『[[幽☆遊☆白書]]』に影響を受け、刺激を受けたと語っている<ref>『月刊コロコロコミック』2020年8月号目次コメントより。</ref>。『[[キン肉マン]]』が好きで「プロレスマン」というオマージュ漫画を描いたことがある<ref name="taidan3"/>。
* 『[[キン肉マン]]』が好きで「プロレスマン」というオマージュ漫画を描いたことがある<ref name="taidan3"/>。
 
== 作品リスト ==
* びっくり計算王子 マハラジャくん(『[[月刊コロコロコミック]]』2007年7月号) - 単行本未収録。
* 魂!ドラグレイド(『[[別冊コロコロコミック]]』2008年6月号 - 10月号) - 単行本未収録。
* フルスイング!!イチロー(『別冊コロコロコミック』2009年12月号) - 単行本未収録。
* ブチカマシ!(『別冊コロコロコミック』2010年4月号 - 10月号) - 単行本未収録。
* カシバトル(『別冊コロコロコミックSpecial』2021年6月号<ref>{{Cite web |url=https://corocoro.jp/283370/|title=【ミラコロGP参戦作品】『カシバトル』(吉もと誠)|website=コロコロオンライン|publisher=小学館|date=2021-04-29|accessdate=2021-10-15}}</ref>、『月刊コロコロコミック』2021年11月号) - 単行本未収録。
 
== 脚注 ==
=== 出典 ===
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
 
{{Normdaten}}