「八戸駅」の版間の差分

編集の要約なし
(当駅が2代目で、初代が本八戸駅であることの案内を追加。)
編集の要約なし
 
== 歴史 ==
当駅は開業当初は'''尻内駅'''と称し、駅の場所も駅開業当時は八戸市外の[[上長苗代村]]であった。
 
当初東北本線盛岡以北の路線については、建設の容易さから八戸近辺を経由する路線案を推す[[日本鉄道]]側と、国防上の理由から秋田寄りの内陸側を経由する案を推す[[陸軍省]]側の対立があった。最終的には[[鉄道省|鉄道局]]の裁定により、八戸近辺の路線案が採用された<ref>『新編八戸市史 近現代資料編1』八戸市、2007、344P</ref>。はやてと呼ばれた伝染病問題や陸海軍綱引き問題などが現在の八戸市尻内に駅が置かれた理由として挙げられる一方で、八戸近辺案が採用されるだけでなく軍への配慮で鉄道局から技師に対して詳細な路線の策定は海から離れた位置に行うように指示されたためというのが日本鉄道の公式見解<ref>『新編八戸市史 近現代資料編1』八戸市、2007、345P</ref> である。
 
結果として現在の[[八戸市中心市街地]](設置当時は[[八戸町]])から離れた位置に駅が開設され、のち[[1894年]](明治27年)に[[八戸線|青森線支線]](のちに八ノ戸線、[[八戸線]]に改称)が開業し当時の八戸市内に乗り入れ、八戸市中心部に八ノ戸駅([[1907年]](明治40年)に八戸駅に改称)が新設された。上長苗代村が[[1955年]](昭和30年)に八戸市に編入されたことにより当駅も八戸市内となり、[[1971年]](昭和46年)には当駅が'''八戸駅'''に改称された。
* [[2021年]](令和3年)
** [[3月13日]]:[[タッチでGo!新幹線]]のサービスを開始<ref group="報道" name="press/20201112_ho01">{{Cite press release|url=https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho01.pdf|title=タッチでGo!新幹線 サービスエリア拡大について|format=PDF|publisher=東日本旅客鉄道|date=2020-11-12|accessdate=2020-11-13|archiveurl=https://web.archive.org/web/20201113025314/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho01.pdf|archivedate=2020-11-13}}</ref>{{Refnest|group="注釈"|盛岡駅 - 新青森駅間で、[[特別急行券#特定特急券|特定特急券]]扱いを使って空いている普通車指定席を利用する場合に限る<ref group="報道" name="press/20201112_ho01" />。}}。
** [[3月31日]]:「びゅうプラザ八戸」閉店<ref group="報道">{{Cite press release|url=http://www.v-travels.co.jp/mt/press_20201102.pdf|title=びゅうプラザ(高崎駅・八戸駅・一ノ関駅・会津若松駅)の閉店について|format=PDF|publisher=びゅうトラベルサービス|date=2020-11-02|accessdate=2020-11-13|archiveurl=https://web.archive.org/web/20201113133901/http://www.v-travels.co.jp/mt/press_20201102.pdf|archivedate=2020-11-13}}</ref>。
 
== 駅構造 ==
盛岡駅 - 新青森駅間で追い越し設備(副本線)のある途中駅は当駅のみである。
 
2010年12月4日に東北新幹線が新青森駅まで延伸開業して以降は当駅止まりの定期列車の設定はい。
 
==== のりば ====
匿名利用者