「凹面鏡」の版間の差分

m
焦点をリンク
(+Cat,インターウイキ、関連項目)
m (焦点をリンク)
'''凹面鏡'''(おうめんきょう)は湾曲した[[曲面]]の内側を鏡面とした[[鏡]]である。[[鏡像]]が拡大されるので[[拡大鏡]]として使われる。鏡面が[[放物面]]の場合は、[[焦点]]から出た光は全て平行光線となり、平行に入射した光は[[焦点]]に集まる。前者の性質は'''[[サーチライト]]'''に応用され、後者の性質は'''[[反射望遠鏡]]'''や'''[[太陽炉]]'''に応用される。
 
== 関連項目 ==
663

回編集