「コンテンポラリー・ワーシップ」の版間の差分

m (→‎論争: 校正)
 
ワーシップ・バンドは標準的にボーカリストとワーシップ・リーダーを福音でいる、そして、時々教会はバンドと聖歌隊を両方っているけれど、伝統的教会の聖歌隊とパイプオルガンに代わって、会衆の讃美を導く。ワーシップ・バンドは、若者の礼拝者のために、礼拝に現代的な音を創造することができる。ワーシップ・バンドは普段は教会に行かない来会者が快適に感じる事ができるようにという原則を利用している。
 
===投射されたスクリーンへの歌詞の投影===
カリスマ運動の結果として、非常に多くの歌が書かれた。それで、一冊の本が歌われるすべての曲を含んでいる事がまれになり、曲の展開が急激になったので、教会にとって讃美歌集とソングブックを使う事が実用的ではなくなった。