「青天を衝け」の版間の差分

m
: 中の家(なかんち)当主・渋沢市郎右衛門の子。
: 剛情っぱりでおしゃべりな性格。また物事を理論づけて考えることが得意であり、藍葉の買付や藍農家の番付などに商才を顕していく一方で、理屈に合わない迷信や理不尽には人一倍腹を立てたり反抗したりする。
: 千代との結婚前後から攘夷思想に染まり、一時は高崎城の襲撃と横浜焼き討ちを計画するが、村に戻ってきた長七郎に「異国との軍事力の差からの武力による攘夷活動の限界」となった事件の数々を知らされ、別の道を模索するため喜作と父に頼み込んで村を出て京に上るが、円四郎と出ったことで一橋家に仕えることになり'''篤太夫'''と名乗る。
; [[渋沢市郎右衛門]](しぶさわ いちろうえもん)
: 演:[[小林薫]]