「阿マの家 平和と女性人権館」の版間の差分

編集の要約なし
m
}}
[[File:Rain in Ama Museum 20171014.jpg|thumb|240px|開館当初から2020年まで台北市[[大同区 (台北市)|大同區]][[迪化街]]一段256号にあった記念館]]
'''阿マの家 平和と女性人権館'''(アマのいえ へいわとじょせいじんけんかん、{{Lang-zh-tw|阿嬤家-和平與女性人權館}}、{{Lang-en|AMA MUSEUM}})は、[[台湾]][[台北市]][[大同区 (台北市)|大同区]]にある[[慰安婦]]記念館。開館当初は[[大同区 (台北市)|大同区]]一段256号にあったが<ref>{{Cite web|url=https://www.amamuseum.org.tw/|title=聯絡資訊|work=阿嬤家-和平與女性人權館|publisher=婦女救援基金會|accessdate=2021-09-11|archiveurl=https://web.archive.org/web/20200603134922/https://www.amamuseum.org.tw/|archivedate=2020-06-03}}</ref>、現在2021年から内装工事中と同区承德路三段32号5階に移転ているた<ref name="ama20211025">{{Cite web|url= https://www.amamuseum.org.tw/|title=參觀資訊|work=阿嬤家-和平與女性人權館|publisher=婦女救援基金会|accessdate=2021-10-26|archiveurl= https://web.archive.org/web/20211025155848/https://www.amamuseum.org.tw/|archivedate=2021-10-25}}</ref>。「阿マ(阿嬤)」は「おばあちゃん」を意味し、施設名称は「おばあちゃんの家-平和と女性人権館」を表す<ref>{{Cite web|url=https://japan.cna.com.tw/news/asoc/202010170003.aspx|title=11月閉館の慰安婦記念館、再開目指してクラファン 移転費用募る/台湾|work=台湾フォーカス|publisher=中央通訊社|date=2020-10-17|accessdate=2021-09-11|archiveurl=https://web.archive.org/web/20201020000419/https://japan.cna.com.tw/news/asoc/202010170003.aspx|archivedate=2021-09-11}}</ref>。
 
==概要==
[[台北市婦女救援基金会|婦女救援基金会]]は[[1992年]]より[[慰安婦]]に関する調査と、日本政府に対する賠償請求運動を開始<ref name="ama20161210">{{Cite web |date=2016-12-10 |url=http://japanese.rti.org.tw/news/?recordId=59366
|title=台湾初、元慰安婦の歴史資料館開館 |publisher=中央広播電台 |accessdate=2016-12-21}}</ref>。[[2004年]]同基金会は、元慰安婦の物語の保存を行うための場所を探し始める<ref name="ama20161210"/>。そして人々からの募金および支援により開館所在地を見つけている<ref name="ama20161210"/>。
 
[[2020年]][[11月11日]]、婦女救援基金会は[[新型コロナウイルス感染症 (2019年)|COVID-19]]の影響による収入の減少から閉館したが<ref>{{Cite web|url=http://japan.cna.com.tw/news/asoc/202007060005.aspx|title=台北の慰安婦記念館、11月に閉館へ 続く赤字にコロナが追い打ち/台湾|publisher=フォーカス台湾|date=2020-07-06|accessdate=2020-07-20}}</ref>、同年[[8月14日]]に同基金会は本館にて[[2021年]]夏までに別の場所へ移転の上、再開館することを発表した<ref>{{Cite web|url=http://japan.cna.com.tw/news/asoc/202008140007.aspx|title=11月閉館の慰安婦記念館、新たな場所で再開へ 遅くとも来夏を予定/台湾|publisher=フォーカス台湾|date=2020-08-14|accessdate=2020-08-14}}</ref>。
 
[[2021年]][[8月14日]]、内装工事中であり、同年10月にも再開館できると発表した<ref>{{Cite web|url=https://japan.cna.com.tw/news/asoc/202108150004.aspx|title=歴史教材に「慰安婦」盛り込みを 人権団体が訴え「台湾史の一部」|work=フォーカス台湾|publisher=中央通訊社|date=2021-08-15|accessdate=2021-09-06|archiveurl=https://web.archive.org/web/20210906114918/https://japan.cna.com.tw/news/asoc/202108150004.aspx|archivedate=2021-09-06}}</ref>。同年[[10月27日]]より同基金会が入る同区承德路三段32号5階に移転の上、再開するが、11月25日までは試運転として開館時間は月曜日から金曜日の10時から17時までとしている<ref name="ama20211025" />。
 
==脚註・参考文献==