「原マルティノ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
== 経歴 ==
[[ローマ]]に残された資料によると[[肥前国]](現在の[[長崎県]][[東彼杵郡]][[波佐見町]])出身といわれ、大村領の名士・[[原中務]]の子。両親共に[[キリスト教徒]]であり、[[司祭]]を志して、有馬の[[セミナリヨ]]に入った。
 
巡察師として日本を訪れた[[アレッサンドロ・ヴァリニャーノ]]は、[[キリシタン大名]]・[[大村純忠]]と知り合い、財政難に陥っていた日本の布教事業を立て直しと、次代を担う邦人司祭育成のため、キリシタン大名の名代となる使節を[[ローマ]]に派遣しようと考えた。そこでセミナリヨで学んでいたマルティノを含む4人の少年たちに白羽の矢が当てられ、マルティノは副使となった。