「ドンキーコング」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
{{otheruseslist|1981年に任天堂が発売したゲーム|シリーズ全般|ドンキーコングシリーズ|初代キャラクター|ドンキーコング (ゲームキャラクター・初代)|2代目キャラクター|ドンキーコング (ゲームキャラクター・2代目)|その他の用法|ドンキーコング (曖昧さ回避)}}
{{Pathnavbox|
{{Pathnav|マリオシリーズ|frame=1}}
* {{Pathnav|ドンキーコングマリオシリーズ|frame=1}}
* {{Pathnav|マリオドンキーコングシリーズ|frame=1}}
}}
{{コンピュータゲーム
| Title = ドンキーコング<br/>Donkey Kong
 
後にファルコンは任天堂から[[民事訴訟]]を起こされ、続く『クレイジーコングJr.』(『ドンキーコングJR.』の無断コピー)事件では[[告訴・告発|刑事告訴]]され、社長が[[逮捕]]された。これは日本で初めてのテレビゲームの無断コピーによる逮捕である。また、アメリカでもコピー業者の摘発の例があり<ref name=":1" />、任天堂は海賊版撲滅に乗り出しこれが[[スーパーファミコン]]のパスワードシステムを用いたプロテクトの開発に繋がっていく。
==アーケード基板==
*本作品は登場時から大ヒットした作品だった事から、上記の類似品を含めた海賊版(コピー基板)も多数出回っていた。基板も純正基板と同じく配線が複雑なコネクタータイプの忠実な物も存在していた。
 
*また、本作品は登場時から大ヒットした作品だった事から、上記の類似品を含めた海賊版(コピー基板)も多数出回っていた。基板も純正基板と同じく配線が複雑なコネクタータイプの忠実な物も存在していた。
*登場から40年が経過した作品の為、基板の現存数の関係から、国内版の純正基板は見掛ける事は少なくなってきており、現在流通された際は高値で取引される物と思われる。
 
=== 影響を受けた作品 ===