「ネオノミコン」の版間の差分

m
日本語版の表記に従う
(出典明確化など)
m (日本語版の表記に従う)
|sort = Neonomicon
}}
『'''ネオノミコン'''』(''Neonomicon'') とは、[[アラン・ムーア]]の原作、{{仮リンク|ジェイセン・バロウズ|en|Jacen Burrows}}の作画による全4号の[[アメリカンコミック|コミックブック]]シリーズ<ref>{{Cite web|url=http://www.bleedingcool.com/2010/06/07/jacen-burrow-on-alan-moores-neonomicon-puff-piece-interview-of-the-week/|title=Jacen Burrows on Alan Moore's Neonomicon – Avatar Interview of the Week|publisher=[[Bleeding Cool]]|date=7 June 2010|accessdate=22 March 2011}}</ref><ref>{{Cite web|first=Charles|author=Webb|url=http://www.comicsbulletin.com/features/127802307919546.htm|title=Jacen Burrows: Neonomicon Rises – A Lovecraftian Tale|publisher=[[Comics Bulletin]]|date=1 July 2010|accessdate=22 March 2011|archiveurl=https://web.archive.org/web/20100910010841/http://www.comicsbulletin.com/features/127802307919546.htm|archivedate=10 September 2010}}</ref>。2010年から翌年にかけて米国の{{仮リンク|アヴァター・プレス|en|Avatar Press}}から刊行された。2003年にコミック化された小説作品「{{仮リンク|中庭 (小説)|en|Alan Moore's The Courtyard|label=中庭}}」の続編であり、同じく[[ハワード・フィリップス・ラヴクラフト|H・P・ラヴクラフト]]の[[クトゥルフ神話]]を題材にしている。2015年から全12号の[[前日譚]]『{{仮リンク|プロヴィデンス (漫画)|en|Providence (Avatar Press)|label=プロヴィデンス}}』が出ている。2021年10月に[[国書刊行会]]から日本語版の刊開始刊行された<ref name=kokusyo>{{Cite web|url=https://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336072689/|title=ネオノミコン|accessdate=2021-10-03|publisher=国書刊行会}}</ref>。
 
ラヴクラフト作品が暗に描いていた人種や性のテーマをクローズアップした作品だが、それらをコミックというメディアで具体的に描写したことで社会的な批判も受けている。2012年に[[ブラム・ストーカー賞]]を[[グラフィックノベル]]部門で受賞した。
== あらすじ ==
{{Hidden begin|titlestyle = background:lightgray;|title= あらすじを表示}}
[[連邦捜査局|FBI]]捜査官メリル・ブアーズとゴードン・ランパーは精神病院に収容されている元FBIの殺人者アルド・サックスを訪ね、捜査中の事件について助言を求める。サックスはまったく意味をなさない奇妙な言語で回答し、訪問は無為に終わる。サックスが最後に内偵捜査に当たっていた連続殺人事件を調査するうち、ジョニー・カルコサという人物が浮かび上がってくる。その身柄確保は不可解な成り行きで失敗する<ref>{{cite comic|title=Neonomicon|issue=1|date=2013-10-09|id={{ASIN|B0741GM756}}|publisher=Avatar|writer=Alan Moore|artist=Jacen Burrows}}</ref>。
 
カルコサが残した奇怪な[[張形|ディルド]]を手掛かりに、ブアーズらは[[マサチューセッツ州]][[セイラム (マサチューセッツ州)|セイラム]]に向かう。一般人を装ってセックスショップに赴いた二人は店主によってオカルト信者の親睦会に誘われる。それは地下の汽水プールで行われる[[乱交]]パーティーだった。ランパーは不意を突かれて殺され、ブアーズは[[輪姦]]される。川とつながった水路から一体の巨大な[[深きものども|魚人]]が招き入れられ、列席者と交わり始める<ref>{{cite comic|title=Neonomicon|issue=2|date=2013-10-09|publisher=Avatar|writer=Alan Moore|artist=Jacen Burrows}}</ref>。
 
アーズは幽閉され、魚人によって繰り返し[[強姦|犯され]]続ける。薬物で昏睡したブアーズの夢にカルコサが現れ、[[ナイアーラトテップ]]の化身を名乗り、聞き取りにくい言葉で祝福を告げると「ここが[[ルルイエ]]だ」という。目覚めたブアーズは魚人と会話を試み、その助けで地下から解放される<ref>{{cite comic|title=Neonomicon|issue=3|date=2013-10-09|id={{ASIN|B0741G5PY9}}|publisher=Avatar|writer=Alan Moore|artist=Jacen Burrows}}</ref>。
 
[[SWAT]]隊の突入によりカルトの拠点は一掃される。数カ月が経ち、ブアーズはサックスと語り合うため再び精神病院を訪れる。二人は今や{{仮リンク|アクロ (架空の言語)|en|Aklo|label=同じ言語}}を話す。世界の感覚は変容し、過去・現在・未来の区別は意味を失う。ラヴクラフトの著作はこれから起きることの記録に過ぎなかった。ブアーズは自らの子宮に宿った[[クトゥルフ]]が眠りから覚め、人間の世界に終末をもたらすのを待ち望んでいる<ref>{{cite comic|title=Neonomicon|issue=4|date=2013-10-09|id={{ASIN|B0741Q347F}}|publisher=Avatar|writer=Alan Moore|artist=Jacen Burrows}}</ref>。{{Hidden end}}
== 登場人物 ==
;メリル・ブアーズ
:白人女性のFBI捜査官。[[性依存症|性依存]]、[[アルコール依存症|アルコール依存]]、[[自尊心]]低下の問題を抱えてしばらく休職していた<ref name=tcj/>。ラヴクラフトの著作に詳しく、メタフィクショナルな解説役も務める<ref name=mvc>{{cite web|url=http://www.multiversitycomics.com/reviews/review-alan-moores-neonomicon-4/|accessdate=2021-10-11|title=Review: Alan Moore’s Neonomicon #4|publisher=Multiversity Comics|date=2011-03-29}}</ref>。
 
;ゴードン・ランパー
:黒人男性のFBI捜査官。既婚者で<ref>Vol.2, p.7, pnl.1</ref>、ブアーズとは息の合ったパートナーである。
 
;アルド・サックス
:[[ホモフォビア|同性愛嫌悪]]、[[反ユダヤ主義|ユダヤ嫌悪]]の傾向がある男性<ref name=tcj/>。前編「中庭」の主人公で、本編では殺人者として拘留されている。殺人事件の捜査中にジョニー・カルコサと接触したらしい。
 
;カール・パールマン
:ブアーズらの上官で、初老の白人男性。ブアーズが精神的に不安定だった時期に関係を持ったことがある<ref name=tcj/>。
 
;ジョニー・カルコサ
DCからの離脱は経済的な苦境をもたらした。「税金の支払い」に迫られたムーアは<ref name=wired/>、[[アメリカン・コミックスにおけるクリエイターの権利|作品の著作権]]を要求しない小出版社アヴァター・プレスからのオファーを受けた<ref name=skinny/>。「4号のシリーズを書くつもりがあるならいくらか出せると言われたんで、そうした」<ref name=wired>{{Cite web|first=Scott|author=Thill|url=https://www.wired.com/underwire/2010/08/alan-moore/all/1|title=Alan Moore Gets Psychogeographical With Unearthing|publisher=[[Wired (magazine)|Wired]]|date=9 August 2010|accessdate=24 March 2011}}</ref>。アヴァターは題材に制約を課さなかったが、ムーアはさらに踏み込んで「[[勃起]]や[[性的挿入|挿入]]」を描いても構わないという言質を取った<ref name=skinny/>。
 
ムーアが持っていた構想は、過去に短編小説「中庭」で扱った[[クトゥルフ神話]]テーマの再訪だった<ref name=wired/>。1994年に編まれたアンソロジー ''The Starry Wisdom: A Tribute to H. P. Lovecraft'' で発表された「中庭」は、2003年に{{仮リンク|アントニー・ジョンストン|en|Antony Jounston}}(翻案)とジェイン・バロウズ(作画)によるコミック版がアヴァターから刊行され<ref name=tcj>{{cite web|url=https://www.tcj.com/providence-lovecraft-sexual-violence-and-the-body-of-the-other/|accessdate=2021-10-08|title=Providence: Lovecraft, Sexual Violence, and the Body of the Other|publisher=The Comics Journal|date=2016-02-03}}</ref>、ムーアもその出来に満足していた<ref name=wired/>。
 
単なるラヴクラフトの[[パスティーシュ|模作]]にとどまらないものを書くためのアイディアは二つあった。一つは作品から1930年代の雰囲気を排除して現代的なリアリズムを持ち込むことである。ムーアは現代的な描写の例としてテレビドラマ『[[THE WIRE/ザ・ワイヤー|The Wire]]』の「受け入れやすさ、[[自然主義|ナチュラリズム]]」を挙げている。もう一つは、ラヴクラフト自身が抑圧し、模作者たちが避けて通ってきた要素を正面から扱うことだった。「[[人種差別主義]]、[[反ユダヤ主義]]、[[性差別|性差別主義]]、[[性嫌悪]]」である<ref name=skinny/>。ムーアはラヴクラフトの作品集(2014年)に寄せた序文でこう書いている。
ラヴクラフト作品では間接的にしか描かれない人種差別や性差別、また性行為への執着と嫌悪を正面から取り扱っており<ref name=mvc/>、その描写はムーア自身「やりすぎ」と認めるほど徹底している<ref name=skinny/>。女性に対する性暴力はムーア作品に頻出するが、本作のそれを[[ミソジニー]]と解釈すべきかについてはさまざまな議論がある<ref name=tcj/><ref name=bc3>{{cite web|url=https://bleedingcool.com/comics/recent-updates/neonomicon-3-and-the-anthropormorphic-penis/|accessdate=2021-10-10|title=Neonomicon #3 And The Anthropomorphic Penis|date=2010-12-22|publisher=Bleeding Cool}}</ref>。
 
作画のジェイセン・バロウズのアート評価が高く、煽情的なホラーコミックというより「映画の[[スチル写真]]」のような明瞭な絵が、現実と狂気が交錯する本作のストーリーと好相性だと評されている<ref name=mvc/>。ウェブメディア{{仮リンク|Ain't It Cool News|en|Ain't It Cool News}}は、ムーアの代表作『[[ウォッチメン]]』の作画家{{仮リンク|デイヴ・ギボンズ|en|Dave Gibbons}}と同じく「派手さはないが、フォルムと空間の描写が緊密でリアリスティック」だとした<ref>{{cite web|url=http://legacy.aintitcool.com/node/46020#4|accessdate=2021-10-11|title=AICN COMICS REVIEWS GREEN LANTERN! SPIDER-MAN! TRUE BLOOD! NEONOMICON & MUCH MORE!!!|date=2010-08-04}}</ref>。『[[SFX (雑誌)|SFX]]』誌もディテールへの気配りと構図の妙、さらに「セックスとゴアを正確に容赦なく描く能力」がムーアの作風に合っていると述べている<ref>{{cite web|url=https://www.gamesradar.com/neonomicon-comics-review/|accessdate=2021-10-11|title=Neonomicon COMICS REVIEW|publisher=GamesRadar+|date=2012-02-16}}</ref>。
 
== 社会的評価 ==