「中標津空港」の版間の差分

m
→‎概要: 南鳥島は海自管轄
m (→‎概要: 南鳥島は海自管轄)
 
== 概要 ==
中標津空港は[[北海道]]かつ日本最東端の[[民間機]]が離発着する[[飛行場]]<ref>[[北方地域|北方領土]]を含むと、[[択捉島]]の[[ヤースヌイ空港]]が東にある。</ref><ref>日本最東端の飛行場は[[南鳥島航空基地]]であり、[[航空海上自衛隊]]の管理であるため、[[軍用機]]のみが利用する。</ref>で、[[中標津町]]市街から北西約4 km(バスで約10分)の平坦な[[牧草地]]に位置する。[[北海道旅客鉄道|JR北海道]][[標津線]]廃止後の交通空白を埋める空港として、根室管内の玄関口としての役割を担ってきた。
 
ただし空港建設の経緯が他の道内空港と異なり、周辺は[[酪農]]地帯に立地する。[[根室振興局]]が置かれる[[根室市]]中心部へは80 km以上離れている。当空港から100 km圏内で[[摩周湖]]や、[[自然遺産 (世界遺産)|世界自然遺産]]の[[知床]]など自然景観に恵まれた[[観光地]]が多数在ることから、観光需要の利用が根強い。[[札幌市]]や[[東京]]への時間距離が長いこの地域において、高速交通手段として航空の果たす役割は非常に大きい。