「小幡酉吉」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
== 親族 ==
* 父親の小幡和平は、[[加賀藩]]の[[軍艦]]奉行などの要職を歴任し、金沢国立第十二銀行(現・[[北陸銀行]]〉の初代頭取を務めた<ref>[https://www.hokugin.co.jp/company/history_museum/anecdote.html 加賀藩前田家と北陸銀行のつながり]北陸銀行</ref>。蔵書家でもあり、その蔵書は[[石川県立図書館]]に小幡文庫として保蔵されている<ref>[https://doi.org/10.15099/00017595 小幡和平の国立銀行経営論]植村 元覚、研究年報, 富山大学日本海経済研究所 (1), 1-28, 1976-03富山大学日本海経済研究所</ref><ref>[https://www.library.pref.ishikawa.lg.jp/toshokan/dglist/obata.html 小幡文庫]石川県立図書館</ref>。
* 兄の小幡文三郞(1863(1863年生)は、1880年に家督を継ぎ、1886年に[[海軍省]]の命により[[フランス]]で[[造船学]]を学び、1889年帰国して海軍大技士となり、造船大監、呉海軍工廠造船部長、橫須賀海軍工廠造船部長、海軍造船総監を経たのち、住友伸銅所長を務めた<ref>[http://jahis.law.nagoya-u.ac.jp/who/docs/who4-9825 小幡文三郞]『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]</ref>。
* 妻のみづゑ(1886年生)は男爵[[武井守正]]の六女<ref>[http://jahis.law.nagoya-u.ac.jp/who/docs/who8-4034 小幡酉吉]『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]</ref>。