「ソニック ロストワールド」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎外部リンク: カテゴリの追加)
[[10月9日]]には[[ニンテンドーeショップ]]からWii U版・ニンテンドー3DS版と共に体験版が配信され、体験版で手に入れたアイテムやスコアはそのまま製品版への引き継ぎが可能<ref>https://twitter.com/sonic20th/status/387775063866347520</ref>。その後[[12月10日]]からWii U版の[[パッチ|更新データ]](ver.3.0.0)が配信された。ゲームの不具合が修正されている他、残りチャレンジ数の初期値の変更や一部のカラーパワーがスティックの操作に対応するなど、ゲームバランスにも調整が加えられている<ref name="Official"></ref>。
 
[[2015年]][[11月2日]]よりSteamによるてWindows PC版のダウンロード販売が行われた。内容はWii U版とほぼ同一であり、PCでも操作ができるよう画面が最適化され、実績機能に対応しているものの、追加ステージはナイトメアダウみ最初から同梱されているが、任天堂タイトルとのコラボレーショステドやジは未収録。2Pプレイなどは非対応。
 
== ストーリー ==
=== 追加ステージ ===
Wii U版の追加ダウンロードコンテンツで、ニンテンドーeショップから全て無料で配信されている。全3種類。
 
これらのステージは常に出現しているわけでは無く、一度クリアすると消滅し、他のステージをクリアすると出現する。
PC版では「ナイトメア」のみ最初から同梱され、任天堂とのコラボレーションステージは削除されている。
 
これらのステージは常に出現しているわけではく、一度クリアすると消滅し、他のステージをクリアすると出現する。
 
; ナイトメア(Nightmare)
:2013年[[10月24日]]より配信開始(PC版では本ステージのみ初期状態で同梱)。ソニックシリーズの生みの親である[[中裕司]]と[[大島直人]]が手掛けた『[[ナイツ (ゲーム)|NiGHTS]]』の世界観や敵をモチーフにしたゾーンで、ウインディヒルをモチーフとした夢の世界ナイトピアと、六鬼衆と『[[ナイツ (ゲーム)|NiGHTS into Dreams...]]』に登場したセカンドレベルナイトメアン達と戦う<ref>ザズとパフィー、ゾモンとワイズマンの手、マスタージークとガルポ、ジーナとクロウズ、ゾアとジャックル、ザボックとギルウィングの順で登場する。</ref>悪夢の世界ナイトメアを行き来する、所謂ボスラッシュ的な内容となる。リアラがパラループで開けた空間の穴にソニックが飛び込むことでナイトメアに移動するなど、同シリーズをモチーフとした演出も多い。主人公のナイツも終盤部分で登場。BGMやSEは[[Wii]]用ソフト『[[ナイツ 〜星降る夜の物語〜]]』のものが使用されている<ref>ピュアバレーBGM「Eloquent Echo」([[ササキトモコ]])、デライトシティでのリアラ戦BGM「NiGHTS and Reala」(幡谷尚史)、クリアBGM「Peaceful Moment」(幡谷尚史)が使用されている。</ref>。また、ナイツ、リアラ、ワイズマン、ナイトピアンのデザインも同作をベースとしたものになっている。
; ヨッシーアイランドZone(Yoshi's Island Zone)
:2013年[[12月19日]]より配信開始。任天堂の『[[ヨッシーアイランド]]』をモチーフにしたゾーン{{R|4Gamer.net20210702}}だが、ステージデザインは『[[ヨッシーストーリー]]』が元になっている。
: 他にもリングがコインに、レッドスターリングはスペシャルフラワー、敵は[[ヘイホー (ゲームキャラクター)|ヘイホー]]と[[パックンフラワー]]へと変更され、[[ヨッシー]]本人(声 - [[戸高一生]])もタマゴをゴールに持ち帰ると登場する。
; ゼルダの伝説Zone(The Legend Of Zelda Zone)