「将棋の格言」の版間の差分

→‎い: 一歩竜王
(「長い詰みより短い必至」の説明を補足しました。)
(→‎い: 一歩竜王)
 
;居玉は避けよ (いぎょくはさけよ) :玉を一つも動かさない[[居玉]]のまま戦いが起こると、王手飛車の筋に入ったり、反撃された時にもろいことが多いので、何かしら手をつけた方がいいということ。
;一段金に飛車捨てあり (いちだんきんにひしゃすてあり) :金が自陣の一段目にある場合、敵に飛車を打たれる隙がないので、自分から飛車を捨てる手が可能になるということ。[[羽生善治]]によれば、飛車角交換はそれ自体はそう不利ではないが、飛車を打ち込まれて桂香を取られ、飛車桂香・角交換になる場合が多く、通常は損である。だが、一段金ならその筋を避け得る場合がある<ref>『日本将棋用語事典』p.80 下段</ref>。
;一歩千金 (いっぷせんきん) :[[歩兵 (将棋)|歩]]でも局面によっては、金以上の必要性を示すこともある。そのため、たかが歩と簡単に考えてはならないということ。[[第13期竜王戦]]の第7局では、盤面上の一歩が勝敗を決めた形となり、[[先崎学]]が「一歩竜王」という観戦記を著している<ref>[https://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/2015/07/post-4f60.html 藤井九段と竜王戦] 竜王戦中継ブログ([[日本将棋連盟]])、2015年7月13日(2021年10月31日閲覧)。</ref>
 
==う==