「ワリ」の版間の差分

m
→‎ワリ文化: 内部リンク追加
(→‎立地: 校正。展開の明瞭化)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (→‎ワリ文化: 内部リンク追加)
 
また、ワリ文化では、[[黒曜石]]の流通も一部で行われていた。ただし、[[黒曜石]]が珍重された[[メソアメリカ文明]]と異なり、[[アンデス文明]]においては、[[黒曜石]]は、その鋭利さやガラス質の質感や漆黒の色感は珍重されたものの、それでも、他の石材と比較して特別に重要視されていた石材ではなかった。しかし、紀元前の社会から流通があったことは分かっている。
 
ワリ文化では、自らの領域内に、アンデスでは数少ない[[黒曜石]]の産地を数カ所持っていたので、多少は利用されていたようである。例えば、[[アレキパ県]]にあるAlcaやChivay付近、[[クスコ県]]の山間部では[[黒曜石]]を産出するため、その交易がワリ期に広範囲にわたって行われていたことが分かってきている。[[ティワナク]]遺跡やその周辺遺跡から出土する黒曜石のほとんどが、このワリ文化圏から移入されていたと言われているが、実際の[[ティワナク]]関連遺跡からの出土総数は極めて少なく、石鏃などの一部に利用されているにすぎない。ティワナク文化ではむしろ黒色玄武岩などが珍重され、この石材はプーマをかたどった彫像など特殊な彫像などのために利用されている。ワリ文化では、特にワリ遺跡の中心部などでも、尖頭器(槍先)が出土しており、[[威信財]]として用いられていた可能性があるが、正式な調査はなされていない。また、チャートなど在地の石材が主に日常生活の利器には利用されていた。
 
=== ティワナク ===