「阿部龍二郎」の版間の差分

 
== 人物 ==
藤沢市立鵠沼中学校、[[慶應義塾大学]]卒。卒業後、当時の東京放送(TBS)<ref>2001年にラジオ局部門を[[TBSラジオ|TBSラジオ&コミュニケーションズ]]へ分離。2009年には[[放送持株会社|持株会社]]化に伴い東京放送ホールディングス(TBSHD)(2020年10月:TBSホールディングス)に変更。テレビ局部門をTBSテレビに完全移行させ、東京放送が名乗っていたTBSの略称もTBSテレビに移行させた。</ref>に入社。
 
テレビ部門に配属され、人気音楽番組『[[ザ・ベストテン]]』でプロデューサーだった[[山田修爾]]の部下的な存在で[[アシスタントディレクター]]として活動。
作家[[阿部昭]]の二男に当たり、昭もラジオ東京→TBSに勤務していた(1959年 - 1971年)。
 
フジテレビ系バラエティー番組『[[森田一義アワー 笑っていいとも!|笑っていいとも!]]』のトークコーナー・テレフォンショッキングに安住紳一郎アナがゲスト出演した際、以前担当した番組「[[ぴったんこカン・カン]]」のキャラクターのきぐるみを着て登場し、司会の[[タモリ]]に対して「手前どもの局(TBS)でもレギュラー番組をお願いします」などと発言した<ref>系列局である[[MBSテレビ|毎日放送]]制作のバラエティ番組には以前から複数の番組に司会者としてレギュラー出演していたが、TBSテレビ制作のレギュラー番組は2021年1月現在も実現していない。ただ、前述の中居正広もレギュラー出演していた連続ドラマ[[日曜劇場]]『[[ATARU]]』にはタモリも最終話(2012年6月24日放送)でゲスト出演をした。</ref>。
 
== 過去の担当番組 ==
匿名利用者