「俳優」の版間の差分

m
m (→‎日本と俳優: 行詰め)
==== 日本における女優の歴史 ====
{{出典の明記|date=2020年6月|section=1}}
日本では、[[歌舞伎]]の創始者といわれる[[出雲阿国]]のように、江戸時代初期には女性が芝居に出演していたが、[[寛永]]年間(1624年 - 1643年)に[[遊女]]歌舞伎が禁止されたため、それ以降女性が芝居に出ることは原則として不可能になった。代わって男性が[[女形]]として女性の役を演じ、この伝統が明治に入っても続いていた。1899年、川上音二郎一座に所属する[[川上貞奴]]が女形の代役として、サンフランシスコ公演にて急遽出演して成功をおさめ、これによって川上貞奴は、「日本初の女優」と呼ばれるようになった。
 
川上貞奴は1908年、[[渋沢栄一]]などの後援を得て東京・[[芝 (東京都港区)|芝]]に「帝国女優養成所」を開所し、本格的に女優育成の事業を開始した。一期生には[[森律子]]、[[村田嘉久子]]などがいた。