「ヒュペリーオーン」の版間の差分

編集の要約なし
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
[[ヘーシオドス]]の『[[神統記]]』によるとヒュペリーオーンは[[ウーラノス]]と[[ガイア]]の息子で、[[オーケアノス]]、[[コイオス]]、[[クレイオス]]、[[イーアペトス]]、[[クロノス]]、[[テイアー]]、[[レアー]]、[[テミス]]、[[ムネーモシュネー]]、[[ポイベー]]、[[テーテュース]]と兄弟<ref>ヘーシオドス、133行-138行。</ref><ref>アポロドーロス、1巻1・3。</ref>。またテイアーの夫で、[[ヘーリオス]]、[[セレーネー]]、[[エーオース]]の父でもある<ref>ヘーシオドス、371行-372行。</ref><ref>アポロドーロス、1巻2・2。</ref>。一説にヒュペリーオーンの妻はアイトラーとも<ref>[[ヒュギーヌス]]、序文。</ref>、バシレイアともいわれる<ref>シケリアのディオドロス、3巻57・3。</ref>。
 
[[シケリアのディオドロス]]によると、ヒュペリーオーンは初めて[[天体]]の運行と[[季節]]の変化の関係を人々に教えたとされる<ref>シケリアのディオドロス、5巻67・1。</ref>。
 
なお[[ホメーロス]]の『[[オデュッセイア]]』では、ヒュペリーオーンという名は太陽神ヘーリオスの呼称としても用いられ<ref>『オデュッセイア』1巻、12巻。</ref>、このためヒュペリーオーンとは元来ヘーリオスの別名にすぎなかったのではないかとも考えられている<ref>『オデュッセイア』松平訳による訳注、p.333。</ref><ref>『オデュッセイア』松平訳による訳注、p.371。</ref>。