「Maya」の版間の差分

766 バイト除去 、 2 か月前
信憑性の疑わしい記述、検証可能性のない記述を除去(参考:https://hojo.keirin-autorace.or.jp/seikabutu/seika/16nx_/bhu_/it_/h16_it_digitalcontentskyoukai-6.pdf#page=20 など)
タグ: 差し戻し済み
(信憑性の疑わしい記述、検証可能性のない記述を除去(参考:https://hojo.keirin-autorace.or.jp/seikabutu/seika/16nx_/bhu_/it_/h16_it_digitalcontentskyoukai-6.pdf#page=20 など))
タグ: 取り消し
-->
2016年1月末をもって、永久ライセンスの販売は終了し、定期的にライセンス料を支払うことで使用が許されるサブスクリプション型のライセンス制度に移行する。オートデスク社の主要ソフト(3ds Max等)もMayaと同様にサブスクリプション型となる。また、3ds Max等とのバンドル製品も2016年7月末で永久ライセンスの販売を終了する。
 
== 業界での使用 ==
映画業界でのMayaの普及は、通常、2001年7月20日にスタジオジブリからリリースされた映画「[[千と千尋の神隠し]]」の開発に関連しています。
 
2003年にアカデミー技術功労賞を受賞した際、「[[メトロポリス (2001年の映画)|メトロポリス]]」、「[[猫の恩返し]]」、「[[イノセンス]]」、「[[ハウルの動く城]]」などの映画で使用されたことが知られています。
 
2015年までに、ベンチャービートマガジンは、最優秀視覚効果アカデミー賞を考慮した10本の映画すべてがオートデスクMayaを使用し、「1997年以降すべての受賞映画で使用された」と述べています。
 
== バージョン ==