「マイクロフィラメント」の版間の差分

編集の要約なし
マイクロフィラメントを構成するアクチンは、筋に含まれるαアクチンとは型が異なり、βアクチンである。外径は6 nm前後。二重らせん構造となっており、アクチン分子13.5個、35 nmでちょうど1回転ねじれている。
 
マイクロフィラメントは、[[電子顕微鏡]]により直接観察するほか、アクチンと結合する性質を持ったファロイジンという分子を利用して、する。ローダミンなどの[[蛍光]]色素を結合させたファロイジンを作用することでアクチンの繊維を染色し、蛍光[[顕微鏡]]下で観察することができる。
 
 
匿名利用者