「SH-60K (航空機)」の版間の差分

m (→‎関連項目: 雑草取り)
 
== 後継機計画 ==
[[File:ALTA XSH-60L(8501) taxiing at the Mitsubishi Heavy Industries Komaki Minami factory May 14, 2021 01.jpg|thumb|250px|XSH-60L]]
SH-60K後継機には、同機をベースにした能力向上型が当てられる予定で平成30年代の実用化に向けて開発する。[https://www.mod.go.jp/j/yosan/yosan_gaiyo/2015/yosan.pdf 平成27年(2015年)度予算] には開発費として70億円が計上された<ref>[https://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11478218/www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2015/seifuan27/05-15.pdf 平成27年度防衛関係予算のポイント] 2015年(平成27年)1月
財務省 井口主計官</ref>。
[[中期防衛力整備計画 (2019)|中期防衛力整備計画(平成31年度~平成35年度)]]別表では同期間中にSH-60Kと'''SH-60K(能力向上型)'''をあわせて13機の調達を予定している。
{{-}}
 
XSH-60L,現行のSH-60J/Kの後継としてSH-60Kをベースに国内開発される新型哨戒ヘリコプター。2015~20年に開発試作を実施、2021年初飛行後、2022年度までに性能確認試験を実施する予定<ref>[https://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11339364/www.mod.go.jp/j/approach/hyouka/seisaku/results/26/pdf/jizen_01_youshi.pdf 平成26年度 政策評価書(事前の事業評価)要旨]</ref>。
 
[[File:ALTA XSH-60L(8501) taxiing at the Mitsubishi Heavy Industries Komaki Minami factory May 14, 2021 01.jpg|thumb|250px|XSH-60L]]
 
== 性能・主要諸元 ==
358

回編集