「ドッスン」の版間の差分

 
 
== 概要 ==
『[[スーパーマリオブラザーズ3]]』から登場。全身が[[石]]で出来た化け物で、[[直方体]]の本体に[[トゲ]]状の突起物が付いている。初登場の『マリオ3』では青い体の周囲に灰色のトゲが付いたデザインだったが、『[[スーパーマリオワールド]]』以降はトゲも含めた全身が灰色を基調とした色をしとなっていることが多い。普段は天井付近でじっとしているが、[[マリオ (ゲームキャラクター)|マリオ]]などが近づくと急降下してきて押し潰そうとする。潰されると勿論ダメージを受ける他、体の表面にあるトゲに触れてもダメージを受けてしまう。
 
『[[スーパーマリオ64]]』以降作品3D系タイトルでは、立方体の形状かつ青い色をした新たなデザインわり更され同時に表面のトゲ無く、平らで丸みがあるスタイルになった為ており、側面に触れてもダメージは受けなくなり、また上に乗ることも可能となった。近年でこちらも初期再びトゲ立方体あるデザインに戻ような青い体色だているが、3D後に2Dのマリオシリーズではトゲの部分が平らで丸みがあるスタイルになっ合わせ周囲に飾、触のついた灰色のデザインで統合されてもダメージは無。なお、『[[スーパーマリオギャラクシー]]』『[[スーパーマリオギャラクシー2]]』では押し潰されると即ミスとなる(ただし同作品ではドッスンに限らず、他の敵や障害物に潰されても即ミスとなる)。
 
『[[マリオ&ルイージRPG2]]』では、四角いタイプのドッスンが集まってできた火山、ドッスン・ボルケーノが出てくる。この山にはかつて旧オヤ・マー研究所があった。内部には、ドッスン兄弟などがいる。