「岩倉城 (伯耆国)」の版間の差分

地図
(地図)
タグ: メディア追加 曖昧さ回避ページへのリンク
|img_width=260px
|ar_called =岩倉山城
|struct = <!-- 城郭構造 -->
|tower_struct = <!-- 天守構造 -->
|builders =[[小鴨元兼]]
|build_y = <!-- 築城年 -->[[鎌倉時代]]
|revamp = <!-- 主な改修者 -->
|rulers =[[小鴨氏]]
|reject_y =[[1600年]]([[慶長]]5年
|remains = <!-- 遺構 -->[[曲輪]]
|cultural asset=[[史跡]]等未指定<ref name=kurayoshi>[https://www.city.kurayoshi.lg.jp/gyousei/div/kyouiku/bunkazai/1/ 「倉吉の文化財」]倉吉市公式HP</ref>
|cultural asset = <!-- 指定文化財 -->
|rebuilding things = <!-- 再建造物 -->なし
|location = {{ウィキ座標2段度分秒|35|23|04.0|N|133|48|38.0|E|scale:60000|display=inline,title}}
| latd = |latm = |lats = <!-- 緯度 -->
|地図=Japan Tottori
| longd = |longm = |longs = <!-- 経度 -->
|緯度度=35|緯度分=23|緯度秒=04.0
|経度度=133|経度分=48|経度秒=38.0
|ラベル=岩倉城
|アイコン=日本の城跡
|ラベル位置=bottom
}}
 
'''岩倉城'''(いわくらじょう)は、[[鳥取県]][[倉吉市]]岩倉にある中世の[[日本の城]]([[山城|山城跡]])跡。標高247m247メートルの岩倉山に所在し、岩倉山城とも記される。
 
==概要==
[[鎌倉時代]]に[[小鴨氏]]により築城され、[[小鴨氏]]歴代の居城と伝わる。小鴨氏は少なくとも[[平安時代]]末期にまでさかのぼる一族であり、古代は[[伯耆国|伯耆]][[国衙]]の[[在庁官人]]を務め、「介」を名乗る家柄であった。鎌倉・室町と代々[[守護代]]を務め、[[室町時代]]には[[守護]]・[[山名氏]]の下で重用されたが、山名氏衰退と同時に勢力も衰えていった。
 
[[大永]]4年([[1524年]])、[[尼子氏]]の伯耆国侵攻([[大永の五月崩れ]])により落城。(但し、五月崩れの存在は現在では否定されている)<!-- [[尼子氏]]領から、[[毛利氏]]を頼って、旧城に復した小鴨氏だが、-->[[永禄]]5年([[1562年]])、[[毛利氏]]を頼った小鴨氏は旧領を回復し、[[南条氏]]の家臣団に組み込まれた。その前後に[[南条宗勝]]の二男・[[南条元清]]が家督を継承したとみられる。
しかし[[天正]]7年([[1579年]])小鴨元清は実兄の[[南条元続]]らと共に毛利氏を離反し織田氏に帰属。毛利氏は[[吉川元長]]を派遣し、圧倒的な軍勢をもって岩倉城に攻撃をしかけたが、南条氏らの協力を得てこれを退けた。しかし、毛利氏の包囲は狭められ、攻撃も一段と激しくなり、天正10年([[1582年]])9月~10月にかけて落城した。城主・小鴨元清は南条元続らと[[京都]]もしくは[[播磨国|播州]]に逃れたとされる。
 
天正12年([[1584年]])頃にかけて所謂'''京芸和睦'''により城を回復したと見られるが、その後の詳細は不明である。[[慶長]]5年([[1600年]])の[[関ヶ原の戦い]]で主家の南条氏が西軍に属し、改易されたことにより廃城となった。
 
『[[伯耆民諺記]]』によると永禄12年([[1569年]])[[尼子勝久]]ら尼子再興軍に、天正8年([[1580年]])には[[吉川元春]]に、また同10年(1582年)[[吉川元長]]に攻められる、激戦地となった。
 
[[中村一忠]]の[[米子城]]時代に廃城となり、城下の人たちが[[米子市|米子]]に移住したところが岩倉町である。
 
1993年(平成5年)11月に、[[城跡]]の山腹での林道敷設工事に先立ち行われた[[トレンチ調査|試掘調査]]では、[[曲輪]]と見られる人工平坦面や、[[土師器]]や[[擂鉢|摺鉢]]片などが検出され、[[遺構]]・[[遺物]]の残存が確認されている<ref>倉敷市教育委員会 1995 pp.6-7</ref>。
 
==脚注==
{{Reflist}}
 
==参考文献==
*倉吉市教育委員会 1995「6.岩倉地区(岩倉城跡)」『[https://sitereports.nabunken.go.jp/ja/14170 倉吉市内遺跡分布調査報告書8]』(倉吉市文化財調査報告書80)倉吉市
 
*鳥取県教育委員会事務局文化課 2004『[https://sitereports.nabunken.go.jp/ja/74862 鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)]』鳥取県
 
== 関連項目 ==