「マーヘヴナのクフーリン」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: 「『'''マーヘヴナのクフーリン'''』({{lang-en|Cuchulain of Muirthemne}})はオーガスタ・グレゴリーの作家としてのデビュー作{{refnest|group="注"|ただし1883年には旅行記「ポルトガルを通り抜けて」を『隔週評論』誌に寄稿して原稿料を得た経験があり<ref>杉山寿美子『レイディ・グレゴリ』 p.77</ref>、執筆業について全く未経験であったという訳…」)
タグ: メディア追加
 
『'''マーヘヴナのクフーリン'''』({{lang-en|Cuchulain of Muirthemne}})は[[オーガスタ・グレゴリー]]の作家としてのデビュー作{{refnest|group="注"|ただし1883年には旅行記「ポルトガルを通り抜けて」を『[[隔週評論]]』誌に寄稿して原稿料を得た経験があり<ref>杉山寿美子『レイディ・グレゴリ』 p.77</ref>、執筆業について全く未経験であったという訳ではない。}}。1902年初版。
[[トマス・マロリー|マロリー]]の『[[アーサー王の死]]』をモデルとし、アイルランドの伝説上の英雄[[クフーリン]]にまつわる伝承を収集・編集してひとつながりの物語の形に整えた再話文学であり、語り口として方言である[[アイルランド英語]]を意識的に採用している。
 
「マーヘヴナのクフーリン」という転写はこの作品の第一章のみを日本語訳した[[山宮允]]に依り、日本語文献ではこの他にも「ムルヘヴネのクフーレン」<ref>[[勝田孝興]]『研究社英米文学評伝叢書80 グレゴリ夫人』p.15</ref>・「ムルテウネのクーフリン」<ref>『ケルト事典』p.86 創元社</ref>といった名で呼ばれる。