「腰」の版間の差分

編集の要約なし
(Kotobank2->Cite Kotobank、慣用語を列挙するだけの節は除去)
編集の要約なし
 
| DorlandsID =
}}
'''腰'''(こし)とは、大まかな意味では[[脊柱]]の下部から[[骨盤]]までを指すが<ref name="kotobank">{{Cite Kotobank|word=腰|author=大辞林 第三版|access-date=2020年7月11日}}</ref>、解剖学的には[[腰椎]]周囲の背部を指す。[[側腹筋]]・[[後腹筋]]などの腹筋群、[[浅背筋]]・[[深背筋]]など[[背筋]]群や腱膜が重なり合うことで[[強固]]な[[筋肉]]機構を作り上げており、体幹の[[屈曲]]・[[伸展]]・[[回旋]]等に非常に重要な役割を持つ。英訳は一般的には''waist''('''ウエスト''')だが、胴回りを指す"waist"と[[背中]]の下部を指す日本語の「腰」では指している意味は一致しない<ref>[[研究社]]『ライトハウス英和辞典』1984年、1593頁、「日英比較」の部分を参照のこと。</ref>。
 
== 腰部を構成する筋肉群 ==
匿名利用者