「山崎城 (播磨国)」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: メディア追加 曖昧さ回避ページへのリンク
'''山崎城'''(やまざきじょう)は、{{otheruses|[[播磨国兵庫県]][[宍粟]][[山崎町 (兵庫県)|山崎]](現在の[[兵庫県]][[宍粟市]])鹿沢にあった[[日本の城]]([[平]])。別|その他の同:鹿沢・[[|山崎陣屋]]。城 (曖昧さ回避)}}
 
{{日本の城郭概要表
[[中世]]後期の山崎の地には[[赤松氏]]傘下の[[釜内氏]]が篠の丸山に築いた篠の丸城があったが、[[1580年]](天正8年)に[[豊臣秀吉|羽柴秀吉]]によって攻め落とされた。その後、[[神子田正治]]・[[黒田孝高]]・[[木下勝俊]]が城主となった。木下勝俊時代の[[1587年]](天正15年)に篠の丸城の南側、現在の山崎城の場所である鹿沢の地に城を築いたとされているが、鹿沢には羽柴氏以前より城砦があったとする説もある。
|name =山崎城
|pref = 兵庫県
|img =
|img_capt =
|img_width =
|ar_called =鹿沢城、山崎陣屋
|struct = [[平城]]
|tower_struct = なし
|builders =[[木下勝俊]]?
|build_y =[[1587年]](天正15年)?
|revamp =
|rulers =[[池田輝澄]]、[[池田恒元]]、[[本多氏]]
|reject_y =1871年(明治4年)
|remains =[[曲輪]]、[[堀]]、[[城門]](紙屋門等)
|rebuilding things = なし
|remains number=県No.530113<ref name=HyogoKouko>[https://www.hyogo-koukohaku.jp/modules/info/index.php?action=PageView&page_id=19 「兵庫県遺跡地図(地図番号52)」]兵庫県立考古博物館公式HP</ref>
|cultural asset=紙屋門:宍粟市指定[[有形文化財]]<ref name=Shiso>[https://www.city.shiso.lg.jp/soshiki/kyoikuiinkai/rekishishiryokan/h_topics/s_cul_p.html 「宍粟市の文化財」]宍粟市公式HP</ref><ref name=Shisogaku>[https://www.city.shiso.lg.jp/material/files/group/76/H27shisogaku-3.pdf 「江戸時代の播磨と宍粟」(2015年10月10日第3回宍粟学講座チラシ)]宍粟市公式HP</ref>
|location = {{ウィキ座標2段度分秒|35|00|10.6|N|134|32|22.4|E|region:JP-21_scale:30000|display=inline,title}}
|地図=Japan Hyogo
|ラベル=山崎城
|緯度度=35|緯度分=00|緯度秒=10.6
|経度度=134|経度分=32|経度秒=22.4
|アイコン=日本の城跡
|ラベル位置=bottom
}}
 
'''山崎城'''(やまざきじょう)、または'''鹿沢城'''(しかさわじょう)は、現在の[[兵庫県]][[宍粟市]][[山崎町 (兵庫県)|山崎町]]鹿沢にあたる[[播磨国]][[宍粟郡]]山崎にあった[[日本の城]]([[平城]])。[[1679年]](延宝7年)以降は'''山崎陣屋'''(やまざきじんや)となった。[[城跡]]は市街地化しているが、旧[[城門]]の「山崎藩陣屋門」(別名・紙屋門)が宍粟市指定[[有形文化財]]に指定されている<ref name=Shiso/><ref name=Shisogaku/>。
本格的な城郭が建築されたのは、[[1615年]](元和元年)に[[池田輝政]]の子[[池田輝澄|輝澄]]が山崎3万8千石で入封した後である。[[揖保川]]と[[菅野川 (兵庫県)|菅野川]]に挟まれた鹿沢と呼ばれる[[河岸段丘]]の南半分に築城した。川に面した崖の部分には石垣を築き、その南端に本丸を設置、続いて北側に東西に広がる形で二の丸・三の丸を設置し、その境目には揖保川から引いて構築した堀が巡らされた。更にその北側には武家屋敷、外堀を挟んだ北側には城下町が広がっていた。ただし、城は未完成のまま終わり、本丸に代替となる[[陣屋]]の設置が許されたのも[[本多氏]]が藩主となった[[1679年]](延宝7年)以後のことであった。
 
==概要==
[[中世]]後期の山崎の地には[[赤松氏]]傘下の[[釜内氏]]が篠丸山(通称「一本松」)に築いた丸城があったが、[[1580年]](天正8年)に[[豊臣秀吉|羽柴秀吉]]によって攻め落とされた<ref name=ShisoKuroda>[https://www.city.shiso.lg.jp/kanko/rekisibunnka/rekishi/1449646523801.html 「黒田官兵衛と山崎の城」]宍粟市公式HP</ref>。その後、[[神子田正治]]・[[黒田孝高]]・[[木下勝俊]]が城主となった。木下勝俊時代の[[1587年]](天正15年)に篠丸城の南東山麓、現在の山崎城の場所である鹿沢の地に城を築いたとされているが、鹿沢には羽柴氏以前より城砦があったとする説もある。なお、[[筑前国]]([[福岡県]])黒田家伝来の『黒田家譜』に見える、[[黒田孝高]]が[[1580年]](天正8年)に入城した「幡州宍栗郡山崎の城」は、本項の山崎城ではなく「篠ノ丸城」のことではないかと考えられている<ref name=ShisoKuroda/>
 
本格的な城郭が建築されたのは、[[1615年]](元和元年)に[[池田輝政]]の子[[池田輝澄|輝澄]]が山崎3万8千石で入封した後である<ref>平井ほか 1981 p.465</ref>。[[揖保川]]と[[菅野川 (兵庫県)|菅野川]]に挟まれた鹿沢と呼ばれる[[河岸段丘]]の南半分に築城した。川に面した崖の部分には石垣を築き、その南端に本丸を設置、続いて北側に東西に広がる形で二の丸・三の丸を設置し、その境目には揖保川から引いて構築した堀が巡らされた。更にその北側には武家屋敷、外堀を挟んだ北側には城下町が広がっていた。ただし、城は未完成のまま終わり、本丸に代替となる[[陣屋]]の設置が許されたのも[[本多氏]]が藩主となった[[1679年]](延宝7年)以後のことであった。
 
池田輝澄が1代で[[改易]]された後、[[松井康映]]が入るもこれも[[移封]]となり、輝澄の甥にあたる[[池田恒元]]が入り以後3代続いたが無嗣断絶した。その後、[[本多忠英]]が1万石で入り、[[廃藩置県]]まで本多氏9代の藩主が入った。
 
廃藩置県後は跡地に学校施設などが設置されたものの、[[幕末期]]の設置とされる表門で、市指定[[有形文化財]]の紙屋門など一部が[[本多公園]]として保存の対象になっている。
 
==脚注==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
*[[平井聖]]ほか 1981「山崎城」『[[日本城郭大系]]』〈第12巻〉大阪・兵庫 [[新人物往来社]] p.465
*『兵庫県大百科事典』神戸新聞総合出版センター、1983年 ISBN 978-4-87521-100-6 「山崎城」(上月昭信)
*『角川日本地名大辞典 28兵庫県』角川書店、1988年 ISBN 978-4-04-001280-3 P1527「山崎城」
*『[[日本歴史地名大系]] 29下 兵庫県の地名Ⅱ』(平凡社、1999年) ISBN 978-4-582-91058-2 P767「山崎城跡」
 
== 関連項目 ==
*[[山崎城 (曖昧さ回避)|山崎城(曖昧さ回避)]]
* [[日本の城一覧]]