「公共冷蔵庫」の版間の差分

一部内容を概要欄に移動。出典追加。
(→‎脚注: 脚注ヘルプを追加)
(一部内容を概要欄に移動。出典追加。)
[[File:Community Fridge.jpg|thumb|ニューヨークのブルックリンにあるコミュニティ・フリッジ]]
 
'''公共冷蔵庫'''(こうきょうれいぞうこ、[[英語]]: Community fridge)、もしくはコミュニティ・フリッジは、[[公共空間]]の中にある[[冷蔵庫]](refidgerator、口語的にはfridge)のことである。「フリージ」(freedge。freeとfridgeをかけた語)と呼ばれることもある<ref>{{Cite news|title=Freedge Movement: Grassroots Efforts Fight Food Insecurity With Free Refrigerators|url=https://www.npr.org/2020/09/29/917023702/freedge-movement-grassroots-efforts-fight-food-insecurity-with-free-refrigerator|work=NPR.org|accessdate=2021-11-17|language=en}}</ref>公共冷蔵庫は、コミュニティの中で食べ物を共有できるようにする[[相互扶助]]プロジェクトの一種である。一部のコミュニティ冷蔵庫には、腐りにくい食品用の関連スペースも用意されている。
'''公共冷蔵庫'''(こうきょうれいぞうこ、[[英語]]: Community fridge)、もしくはコミュニティ・フリッジは、[[公共空間]]の中にある[[冷蔵庫]](refidgerator、口語的にはfridge)のことである。「フリージ」(freedge。freeとfridgeをかけた語)と呼ばれることもある公共冷蔵庫は、コミュニティの中で食べ物を共有できるようにする[[相互扶助]]プロジェクトの一種である。一部のコミュニティ冷蔵庫には、腐りにくい食品用の関連スペースも用意されている。以前からある食品パントリーとは異なり、これらの[[草の根]]プロジェクトは、誰でも無制限に食品を出し入れできるようにし、それを利用することによる不名誉や恥ずかしさを感じなくて済むように配慮されている<ref name=":0">{{Cite news|last1=Rosa|first1=Amanda|last2=Keith|first2=Stephanie|date=July 8, 2020|title=See That Fridge on the Sidewalk? It's Full of Free Food|language=en-US|work=The New York Times|url=https://www.nytimes.com/2020/07/08/nyregion/free-food-fridge-nyc.html}}</ref>。冷蔵庫は分散型のアプローチを採用しており、多くの場合、ボランティア、コミュニティメンバー、地元企業、および大規模な組織のネットワークによって保守されている。公共冷蔵庫内の食品は、主に個人または{{仮リンク|フードレスキュー|en|Food rescue}}組織によって寄付され、さまざまな場所から調達されている。[[トレーダー・ジョーズ]]と[[ホールフーズ・マーケット]]のような大手の食料品店は、売れ残りの食品を大量にフードレスキューに寄付し、彼らがコミュニティ・フリッジに食品を供給している<ref>{{Cite web|last=Oung|first=Katherine|date=2021-02-17|title=The rise of community fridges|url=https://www.vox.com/the-goods/22285863/community-fridges-neighborhoods-free-food|access-date=2021-10-01|website=Vox|language=en}}</ref>。冷蔵庫に寄付された食品の多くは冷蔵庫がない場合、廃棄されていたとみられる。公共冷蔵庫の主な目的は、食品の不安を軽減すると同時に、食品廃棄物を軽減することである。それらは、困難に直面している人々が新鮮で栄養価の高い食品に簡単にアクセスできるようにする。冷蔵庫は、[[缶詰]]から[[生鮮食品]]、調理済みの食品まで、幅広い食品を提供している。調理済みの食品は、寄付時に調理日時などのラベルを貼る必要がある。多くの冷蔵庫は家庭用品、衛生用品も受け入れ、COVID-19のパンデミックの間、マスクやその他の個人用防護具(PPE:personal protective equipment)も提供した<ref>{{Cite web|last=DiBenedetto|first=Chase|date=2021-01-09|title=A guide to community fridges, from volunteering to starting your own|url=https://mashable.com/article/how-to-get-involved-community-fridge|access-date=2021-10-01|website=Mashable|language=en}}</ref>。コミュニティ冷蔵庫は、人々がコミュニティに接続できるようにするソーシャルスペースとしても機能している。「シェルターフォース」誌は、「コミュニティ冷蔵庫は、サービス提供のスイートスポットを発見したように見える。共有された人間性の暖かさを感じるのに十分近いが、恨みや負担の感覚を避けるのに十分な距離である」と述べている<ref>{{Cite news|last=Glenn|first=Ezra Haber|date=February 24, 2021|title=Community Fridges Provide Vital and Visible Relief in the War on Hunger|work=Shelterforce|url=https://shelterforce.org/2021/02/24/community-fridges-provide-vital-and-visible-relief-in-the-war-on-hunger/|access-date=February 25, 2021}}</ref>。多くの冷蔵庫も地元の芸術家によって描かれている<ref>{{Cite web|last=Crawford|first=Iris|date=2020-09-02|title=Local Artists Beautify Community Fridges as COVID-19 Continues|url=https://oaklandvoices.us/2020/09/02/local-artists-beautify-community-fridges-as-covid-19-continues/|access-date=2021-10-01|website=Oakland Voices|language=en-US}}</ref>。
[[File:Community fridge in church alcove in Botley UK.jpg|thumb|ボトリー(英国)の教会の片隅のコミュニティ・フリッジ。上部にパンの箱、椅子に生鮮食品の青い箱がある。]]
 
== 概要 ==
'''公共冷蔵庫'''(こうきょうれいぞうこ、[[英語]]: Community fridge)、もしくはコミュニティ・フリッジは、[[公共空間]]の中にある[[冷蔵庫]](refidgerator、口語的にはfridge)のことである。「フリージ」(freedge。freeとfridgeをかけた語)と呼ばれることもある公共冷蔵庫は、コミュニティの中で食べ物を共有できるようにする[[相互扶助]]プロジェクトの一種である。一部のコミュニティ冷蔵庫には、腐りにくい食品用の関連スペースも用意されている。以前からある食品パントリーとは異なり、これらの公共冷蔵庫という[[草の根]]プロジェクトは、誰でも無制限に食品を出し入れできるようにし、それを利用することによる不名誉や恥ずかしさを感じなくて済むように配慮されている<ref name=":0">{{Cite news|last1=Rosa|first1=Amanda|last2=Keith|first2=Stephanie|date=July 8, 2020|title=See That Fridge on the Sidewalk? It's Full of Free Food|language=en-US|work=The New York Times|url=https://www.nytimes.com/2020/07/08/nyregion/free-food-fridge-nyc.html}}</ref><ref>{{Cite news|title=20 million Americans still don’t have enough to eat. A grass-roots movement of free fridges aims to help.|url=https://www.washingtonpost.com/business/2021/06/28/hunger-philadelphia-free-fridges/|work=Washington Post|accessdate=2021-11-17|issn=0190-8286|language=en-US}}</ref>。冷蔵庫は分散型のアプローチを採用しており、多くの場合、ボランティア、コミュニティメンバー、地元企業、および大規模な組織のネットワークによって保守されている。公共冷蔵庫内の食品は、主に個人または{{仮リンク|フードレスキュー|en|Food rescue}}組織によって寄付され、さまざまな場所から調達されている。[[トレーダー・ジョーズ]]と[[ホールフーズ・マーケット]]のような大手の食料品店は、売れ残りの食品を大量にフードレスキューに寄付し、彼らがコミュニティ・フリッジに食品を供給している<ref>{{Cite web|last=Oung|first=Katherine|date=2021-02-17|title=The rise of community fridges|url=https://www.vox.com/the-goods/22285863/community-fridges-neighborhoods-free-food|access-date=2021-10-01|website=Vox|language=en}}</ref>。冷蔵庫に寄付された食品の多くは冷蔵庫がない場合、廃棄されていたとみられる。公共冷蔵庫の主な目的は、食品の不安を軽減すると同時に、食品廃棄物を軽減することである。それらは、困難に直面している人々が新鮮で栄養価の高い食品に簡単にアクセスできるようにする。冷蔵庫は、[[缶詰]]から[[生鮮食品]]、調理済みの食品まで、幅広い食品を提供している。調理済みの食品は、寄付時に調理日時などのラベルを貼る必要がある。多くの冷蔵庫は家庭用品、衛生用品も受け入れ、COVID-19のパンデミックの間、マスクやその他の個人用防護具(PPE:personal protective equipment)も提供した<ref>{{Cite web|last=DiBenedetto|first=Chase|date=2021-01-09|title=A guide to community fridges, from volunteering to starting your own|url=https://mashable.com/article/how-to-get-involved-community-fridge|access-date=2021-10-01|website=Mashable|language=en}}</ref>。コミュニティ冷蔵庫は、人々がコミュニティに接続できるようにするソーシャルスペースとしても機能している。「シェルターフォース」誌は、「コミュニティ冷蔵庫は、サービス提供のスイートスポットを発見したように見える。共有された人間性の暖かさを感じるのに十分近いが、恨みや負担の感覚を避けるのに十分な距離である」と述べている<ref>{{Cite news|last=Glenn|first=Ezra Haber|date=February 24, 2021|title=Community Fridges Provide Vital and Visible Relief in the War on Hunger|work=Shelterforce|url=https://shelterforce.org/2021/02/24/community-fridges-provide-vital-and-visible-relief-in-the-war-on-hunger/|access-date=February 25, 2021}}</ref>。多くの冷蔵庫も地元の芸術家によって描かれている<ref>{{Cite web|last=Crawford|first=Iris|date=2020-09-02|title=Local Artists Beautify Community Fridges as COVID-19 Continues|url=https://oaklandvoices.us/2020/09/02/local-artists-beautify-community-fridges-as-covid-19-continues/|access-date=2021-10-01|website=Oakland Voices|language=en-US}}</ref>。
 
== 歴史 ==
262

回編集