「中書島」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
編集の要約なし
{{Pathnav|日本|近畿地方|京都府|京都市|伏見区|frame=1}}
'''中書島'''(ちゅうしょじま)は、[[京都市]][[伏見区]]の地名。現在の正式な町名では伏見区東柳町、西柳町付近に相当する
 
== 地理 ==
現在の京阪[[中書島駅]]を中心とした地域が最寄り駅であり、南北に[[竹田街道]]が通っている。四方を川(南は[[淀川|宇治川]]、西は[[濠川]]、北と東は宇治川派流)に囲まれており、かつて[[巨椋池]]に浮かぶ島であった名残をとどめている。
{{節スタブ}}
 
桃山時代まで[[伏見港]]一帯は湿地であった。[[豊臣秀吉]]が[[伏見城]]を政庁としたことによって、武家屋敷が立ち並ぶようになったが、江戸幕府は伏見城を廃城としたため江戸時代前期に荒廃した。一方で[[高瀬川 (京都府)|高瀬川]]が開削され京都と大坂が結ばれると、その河口としてふたたび水運における重要性が増した。その後、伏見城下にあった[[遊廓]]が移転され、繁栄するようになる。
 
酒の名所であるために遊びに来る人が多く、また、宇治川に近く、交通の便が良い中書島は遊廓であると同時に芸妓屋が集まる[[花街]]でもあとなり、[[祇園甲部|祇園]]をしのぐほどの名妓を輩出してきた。[[明治]]末期には[[京阪電気鉄道|京阪電車]]が開通し、ますます栄えるようになった。
 
1910年(明治43年)、[[京阪電気鉄道|京阪電車]]の創業とともに[[中書島駅]]が開業。1914年(大正3年)には京都市電が中書島駅まで延長され、ますます栄えるようになった。[[昭和]]初期には深草に司令部を置く[[第16師団 (日本軍)|第16師団]]の将校、兵士も遊郭、花街を利用していた。
[[昭和]]初期には深草に司令部を置く[[第16師団 (日本軍)|第16師団]]の将校、兵士にも利用されていたが、[[1958年]]([[昭和]]33年)[[3月15日]]、[[売春防止法]]によって遊廓としての役割を閉じ、花街のみとなった。当初、転業をめぐってお茶屋派と学生相手の下宿派に分かれ対立してきたが沈静化し、その後、徐々に衰退してくるようになり、[[1970年]](昭和45年)に花街としての長い歴史に終止符を打った。現在は普通の住宅地であり、わずかながら花街、遊廓時代の建物が残されている。
 
[[昭和]]初期には深草に司令部を置く[[第16師団 (日本軍)|第16師団]]の将校、兵士にも利用されていたが、[[1958年]]([[昭和]]33年)[[3月15日]]、[[売春防止法]]によって遊廓としての役割を閉じ、花街のみとなった。当初、転業をめぐってお茶屋派と学生相手の下宿派に分かれ対立してきたが沈静化した。その後、徐々花街のみ残ったが、次第に衰退してくるようになり、[[1970年]](昭和45年)に花街としての長い歴史に終止符を打った。現在は普通の商店街、住宅地であり、わずかながら花街、遊廓時代の建物が残されている。
 
この地で生まれた[[西口克己]]の小説「廓」の舞台になったことでも知られる。