「洪川韓国兵士脳腫瘍死亡事件」の版間の差分

編集の要約なし
'''洪川韓国兵士脳腫瘍死亡事件'''(ホンチョンかんこくへいしのうしゅようしぼうじけん)とは、[[2013年]][[6月17日]]に[[韓国]] [[江原道 (南)|江原道]][[洪川郡]]にて兵役中のA兵士(22歳)が激しい頭痛を訴えていたのにも関わらずに軍が適切な治療を行わずに脳腫瘍の発見が遅れて症状が悪化して死亡した事件。同年代に発生した[[漣川後任兵暴行致死事件]]や[[江原道高城郡兵長銃乱射事件]]と共に、[[2010年代]]前半の兵役中の兵士による事件によって兵役や軍隊の在り方が再考されていくことになった。
 
== 経緯 ==
2012/1にA兵士(22歳)は兵役で軍隊に入隊し、その後[[江原道 (南)|江原道]][[洪川郡]]の部隊に配属された<ref name=":0">{{Cite web|url=https://www.donga.com/news/Society/article/all/20130618/55931541/1|title=뇌종양 사병에 두통약 준 軍… 생때같은 막둥이가 죽었다|accessdate=20210511|publisher=동아닷컴}}</ref>。その後、[[江原道 (南)|江原道]][[洪川郡]]の部隊に配属された<ref name=":0" />。
 
深刻な頭痛を訴えていたが、軍の誤診により、軍医は頭痛薬などを処方していた<ref name=":0" /><ref name=":1">{{Cite web|title=현역사병의 뇌종양 사망에 대한 진실 - 데일리메디팜|url=http://www.dailymedipharm.com/news/articleView.html?idxno=10315|website=www.dailymedipharm.com|accessdate=2021-05-10|language=ko}}</ref>。その間に病状は悪化していき、頭痛が悪化していたため、A兵士が病院に行く旨を中隊長に伝えた所、中隊長に悪口を言われたという<ref name=":0" />。A兵士は食事を摂れず、水を飲んでも吐いてしまう状態になっていた<ref name=":0" />。病状の深刻さを把握した軍関係者は、A兵士に診察のための2週間休暇を与えた<ref name=":0" /><ref name=":1" />。2013/1/25にA兵士は民間病院で診察を受け、脳腫瘍の診断を受けた<ref name=":0" /><ref name=":1" />。A兵士はソウルの大病院で脳腫瘍除去手術を受け、国軍首都病院と一般病院を行き来しながら化学療法を受けたが<ref name=":0" /><ref name=":1" />、軍から医療費が支給されず、家族が医療費を払っていた<ref name=":0" />。5月中旬から病状が急激に悪化し、仁川の病院の集中治療室で闘病していたが、肺炎を患い、意識不明の昏睡状態となり、6/17午前5:30頃に死去<ref name=":0" /><ref name=":1" />。後に脳腫瘍の発見が遅れたことが判明し<ref name=":0" /><ref name=":1" />、同年2月に軍は世間から激しい批判を受けた<ref name=":1" />。
110

回編集