「JAPANサッカーカレッジ」の版間の差分

 
== 概要 ==
JAPANサッカーカレッジは[[2002 FIFAワールドカップ]]が開催された2002年に、[[NSGグループ]]のスポーツ専門学校アップルスポーツカレッジのサッカー部門を独立させる形で[[新潟県]][[北蒲原郡]][[聖籠町]]にて創設された<ref name="guide">{{cite web|url=http://www.cupsnet.com/profile/index.html|title=学校紹介|work=JAPANサッカーカレッジ公式サイト|accessdate=2013-6-1}}</ref>。選手やコーチ、レフェリー、トレーナー、サッカービジネスに関する学科の他、高等部も設置されている<ref name="guide">{{cite web|url=http://www.cupsnet.com/profile/index.html|title=学校紹介|work=JAPANサッカーカレッジ公式サイト|accessdate=2013-6-1}}</ref>。また、[[日本プロサッカーリーグ]](Jリーグ)に加盟する[[アルビレックス新潟]](以下、アルビレックス)の育成組織としても位置づけられている<ref name="guide">{{cite web|url=http://www.cupsnet.com/profile/index.html|title=学校紹介|work=JAPANサッカーカレッジ公式サイト|accessdate=2013-6-1}}</ref>。敷地及び校舎は2000年に[[聖籠町立聖籠中学校]]への統廃合のため廃校となった旧聖籠町立亀代中学校のものを再利用している<ref>{{cite web|url=http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/book/monthly/0905/html/f04.htm|title=月刊地域づくり 2009.5(第239号)「特集 廃校を活用したまちづくり 廃校がサッカーカレッジに変身」|work=JAPANサッカーカレッジ一般財団法人地域活性化センター|accessdate=2014-6-2}}</ref>。
 
毎年、Jリーグ、なでしこリーグ、JFLなどのクラブに卒業生を輩出している<ref>[https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/230546 「47クラブに卒業生146人…Jリーグ就職に強い新潟の学校とは」] - 日刊ゲンダイ、2018年6月6日</ref>。Jリーグに対しては、2017年度に15名を輩出し、2018年4月10日現在で、リーグ54クラブのうち47クラブに、選手やコーチ、フロントスタッフ、マネージャー、トレーナーとして計146名が在籍している。なでしこリーグについても、11クラブ計20名の卒業生が在籍しており、JFL(日本フットボールリーグ)には、8クラブ計17名の卒業生が所属している<ref>[https://www.nsg.gr.jp/blog/%EF%BD%8A%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%E3%81%B8%E5%A4%9A%E3%81%8F%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%9D%90%E3%82%92%E8%BC%A9%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%8C%E6%96%B0/ 「Jリーグクラブへ多くの人材を輩出する学校が新潟にあった!」] - NSGグループ、2018年4月17日</ref>。
== 各学科 ==
=== サッカー専攻科 ===
サッカー専攻科の生徒は[[北信越フットボールリーグ]]所属のJSCチームの一員としてプレーしている。なお、JSC以外にも「CUPS 聖籠」などのクラブを2チーム有しており、全盛期には1種登録だけで最大7チームが活動していた。また、[[Sリーグ]]に所属している「[[アルビレックス新潟シンガポール]]」にも同校出身者、あるいは在学者が参加している。チームの愛称は、英称の『College of Upward Players in Soccer』の頭文字を繋げた「CUPS」(カップス)で、トップチームのエンブレムにもカップが描かれている。
 
;1種
*JAPANサッカーカレッジ (北信越リーグ1部)
*CUPS 聖籠 (北信越リーグ2部)
*NIIGATA J.S.C. ([[新潟県サッカーリーグ|新潟県リーグ1部]])
 
;休部中チーム(1(1)
*CUPS 03
*CUPS網代浜
|[[2003年の地域リーグ (サッカー)|2003]]||[[北信越フットボールリーグ|北信越]]||bgcolor="gold"|'''優勝'''||34||14||11||1||2||44||18||+26||2回戦敗退||1次R敗退||1回戦敗退||
|-
|[[2004年の地域リーグ (サッカー)|2004]]|| rowspan="1718" |北信越<br />1部||bgcolor=silver|2位||28||14||9||1||4||35||15||+20||-||-||3回戦敗退||
|-
|[[2005年の地域リーグ (サッカー)|2005]]||bgcolor=silver|2位||33||14||11||0||3||42||16||+28||2回戦敗退||-||1回戦敗退||rowspan="2"|{{flagicon|JPN}} [[藤代伸世]]
|[[2011年の地域リーグ (サッカー)|2011]]||bgcolor="gold"|'''優勝'''||37||14||12||1||1||50||14||+36||1次R敗退||1回戦敗退
|-
|[[2012年の地域リーグ (サッカー)|2012]]||bgcolor=silver|2位||35||14||11||2||1||57||9||+48|| rowspan="910" |-||予選敗退
|-
|[[2013年の地域リーグ (サッカー)|2013]]||bgcolor=silver|2位||32||14||10||2||2||53||12||+41||予選敗退||rowspan="4"|{{flagicon|JPN}} [[野上毅]]
|予選敗退
|-
|[[2020年の地域リーグ (サッカー)|2020]]||4位||13||7||4||1||2||12||9||+3||-||-|| rowspan="2" |{{flagicon|JPN}} [[和田治雄]]
|-
|[[2021年の地域リーグ (サッカー)|2021]]
|5位
|24
|16
|7
|3
|6
|29
|21
| +8
| -
| -
|-
|}
|-
|[[2016年の地域リーグ (サッカー)|2016]]
| rowspan="56" |北信越<br />2部||4位||23||14||7||2||5||31||33||-2
|-
|[[2017年の地域リーグ (サッカー)|2017]]
|[[2020年の地域リーグ (サッカー)|2020]]
|8位||4||7||1||1||5||5||17||-12
|-
|[[2021年の地域リーグ (サッカー)|2021]]
|bgcolor=silver|2位
|29
|14
|9
|2
|3
|46
|12
| +34
|-
|}
|2018||bgcolor=#deb678|3位||24||9||8||0||1||32||5||+27||予選敗退||
|-
|2019||北信越1部||bgcolor="gold"|'''優勝'''||28||9||8||1||0||46||5||+41||予選敗退||
|-
|2020||北信越||||||||||||||||||||1回戦敗退||
|-
|2021
|北信越1部
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|}
 
匿名利用者