「マーヘヴナのクフーリン」の版間の差分

編集の要約なし
『'''マーヘヴナのクフーリン'''』({{lang-en|Cuchulain of Muirthemne}})は[[オーガスタ・グレゴリー]]の作家としてのデビュー作{{refnest|group=""|ただし1883年には旅行記「ポルトガルを通り抜けて」を『[[隔週評論]]』誌に寄稿して原稿料を得た経験があり<ref>杉山寿美子『レイディ・グレゴリ』 p.77</ref>、執筆業について全く未経験であったという訳ではない。}}。1902年初版。
[[トマス・マロリー|マロリー]]の『[[アーサー王の死]]』をモデルとし、アイルランドの伝説上の英雄[[クフーリン]]にまつわる伝承を収集・編集してひとつながりの物語の形に整えた再話文学であり、語り口として[[アイルランド英語]]を採用した[[方言文学]]でもある。
 
「マーヘヴナのクフーリン」という転写はこの作品の第一章のみを日本語訳した[[山宮允]]に依るもので、日本語文献ではこの他にも様々な転写に基づいた題名で呼ばれている{{refnest|group=注|「ムルヘヴネのクフーレン」<ref>[[勝田孝興]]『研究社英米文学評伝叢書80 グレゴリ夫人』p.15</ref>・「ミューレヴナのクーフリン」<ref>『イェイツをめぐる女性たち』p.138</ref>・「ムイルエヴナのクフーリン」<ref>『イェイツ詩辞典』pp.52,97</ref>・「ムルテウネのクーフリン」<ref name="ケルト事典">『ケルト事典』p.86 創元社</ref>・「メルズヴナのクーフリン」<ref>『研究叢書25 ケルト復興』p.317</ref>といった名で呼ばれるなど}}
 
==評価・反応==
[[W・B・イェイツ]]は、デビュー以前のグレゴリーの執筆能力を評価しておらず、またゲール語からの翻訳能力を有していないとも考えていた。
事実、後者に関してはイェイツの見立ては正しく、『マーヘヴナのクフーリン』が直接依拠していたのは{{仮リンク|アレクサンダー・カーマイケル|en|Alexander Carmichael}}が採集した口碑や<ref>『デアドラ精選シリーズ2 デアドリー』p.143</ref>、{{仮リンク|アンリ・ダルボワ・ド・ジュバンヴィル|en|Marie Henri d'Arbois de Jubainville}}、[[クノ・マイアー]]、{{仮リンク|ユージン・オカリー|en|Eugene O'Curry}}、[[ホイットリー・ストークス]]、[[エルンスト・ヴィンディシュ]],
{{仮リンク|ハインリヒ・ツィマー|en|Heinrich Zimmer}}などのケルト学者らによる古文献の翻訳成果である<ref name="ケルト事典">『ケルト事典』p.86 創元社</ref>。
しかし、『マーヘヴナのクフーリン』に先立ってグレゴリーが試作した「ウシュナの子」(クフーリンの伯父である王がうら若い娘[[デアドラ]]を娶らんとして、
彼女の恋人を謀殺する物語)や「クフーリンの死」の再話を読んで考えを改め、以来彼女の執筆を精神的に支援するようになった。