「木馬亭」の版間の差分

 
席亭は[[根岸京子]]([[根岸吉太郎]]の母親<ref>『浅草: 戦後篇』堀切直人、右文書院, 2005、p129</ref>、2019年12月17日死去<ref name=":0">{{Cite news|title=根岸京子さんが死去 「木馬亭」席亭|newspaper=日本経済新聞|date=2019-12-18|url=https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53498650Y9A211C1000000/|author=共同通信社}}</ref>)が長年務めた。入口で迎えてくれる京子の笑顔は、木馬亭の名物であった。
 
[[寄席文字]][[橘右近|橘]]流の流れをくんだ名入り看板を書いているのは[https://yose-moji.jp/profile.php 春亭右乃香]。
 
明治期に[[メリーゴーランド]]を設置し客を集めた「[[木馬館]]」からの歴史を踏襲しており、入口右脇にそのモニュメントが飾られている。[[安来節]]の常打ち小屋として長らく続いた。空き小屋であった1階部分を、浪曲師[[東家楽浦]]や会長だった[[三門博]]率いる若手グループの要請により、[[1970年]](昭和45年)5月上席から「木馬浪曲会」としてスタートする<ref>唯1999p.370</ref>。1年後<ref>『写真にみる浅草芸能史』芝清之の解説文。p.196</ref>に「木馬亭」の呼び名を使用するようになる。(それ以前の歴史・現在の2階については[[木馬館]]大衆劇場の項を参照のこと)<ref>実録p.370</ref>。