「長崎放送」の版間の差分

→‎沿革: 追記(別館ビルのイベントスペース)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
(→‎沿革: 追記(別館ビルのイベントスペース))
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
* [[1953年]](昭和28年)[[3月1日]] - 全国19番目の民間放送局としてラジオ長崎(JOUR)開局(1320[[キロヘルツ|kc]] 500[[ワット|W]])。 九州では福岡のラジオ九州([[RKBラジオ]])に次ぐ2番目。
* [[1954年]](昭和29年)[[4月1日]] - ラジオ佐世保(JOMF)開局。
** [[5月1日]] - ラジオ九州([[RKB(RKBラジオ]])、ラジオ長崎、ラジオ佐世保でKNS協定発足。
[[File:Nagasaki Nbc logo.svg|thumb|150px|2021年3月まで使用されていた局ロゴ。]]
** [[10月18日]] - ラジオ佐世保と合併、'''長崎放送株式会社'''(NBC)に変更
* [[1958年]](昭和33年)[[8月1日]] - [[鍋島ラジオ放送所|佐賀ラジオ放送局]]([[日本の放送局所の呼出符号#JO*O|JOUO]]、NBCラジオ佐賀)開局。
* [[1959年]](昭和34年)[[1月1日]] - 長崎テレビ放送局開局・テレビ放送開始([[稲佐山]]) 九州の民放ではラジオ九州(現RKB毎日放送)、TNC[[テレビ西日本]]に次ぐ3番目。
** 放送会館完成までの間は、稲佐山送信所に設置されたマスター室・スタジオからテレビ放送を行っていた。
* [[1961年]](昭和36年)3月1日 - [[平戸中継局|平戸ラジオ中継局]]開局。
* [[1963年]](昭和38年)[[4月11日]] - NBC労働組合が午後1時15分から30分間、初めてのストライキに入った。
* [[1964年]](昭和39年)[[4月1日]] - NBC初の関連会社「NBC音楽放送協会」発足。
** [[11月12日]] - 米海軍原潜シードラゴンが佐世保に寄港の様子を全国に向けて生中継に成功。当日は[[日本放送協会|NHK]]が中継回線を独占していたため、自営マイクロ7段中継をRKK(RKK[[熊本放送]]の協力により成功する。放送はRKKにより、JNN系列14局に送り出された。内外から絶賛される。
** [[12月10日]] - 有限会社「[[NBCサービスセンター]]」を発足。
* [[1965年]](昭和40年)[[6月1日]] - 関連会社「[[九州広告]]」を佐世保に創立。
* [[1966年]](昭和41年)[[12月21日]] - [[カラーテレビ|カラー放送]]開始。
* [[1967年]](昭和42年)
** [[9月7日]] - [[TBSホールディングス|TBS東京放送]]と業務協定締結。
* [[1968年]](昭和43年)[[5月12日]] - 佐世保市浜田町に地下1階、地上3階の佐世保局舎完成。
* [[1969年]](昭和43年)[[3月16日]] - 長崎市[[浜町 (長崎市)|浜町]]の[[稲田時計店]]にサテライトスタジオ誕生。
* [[1970年]](昭和45年)[[9月18日]] - 東京銀座8丁目に地下2階、地上9階の「長崎センタービル」完成<ref group="注釈">長崎センタービルにはNBC東京支社の他、長崎新聞社や[[埼玉県]]の独立局[[テレビ埼玉]]の東京支社も入居している。</ref>。
* [[1972年]](昭和47年)[[2月29日]] - NBC本社隣りにNBC別館完成([[1988年]]に[[NBCソシアビル]]に名称変更)。別館ビルに「NBCビデオホール」が開設される
* [[1973年]](昭和48年)[[4月5日]] - 当時の準キー局のABC[[朝日放送テレビ]]制作のテレビドラマ[[日本の嫁シリーズ#嫁チャンポン|『日本の嫁シリーズ』の第3作『嫁チャンポン』]](主演:[[山本陽子]])の放送が開始され、制作協力として参加。
* [[1974年]](昭和49年)[[3月31日]] - [[唐津ラジオ中継局]]開局。
* [[1978年]](昭和53年)[[2月6日]] - ラジオマスター、[[2月13日]]にはテレビマスターを更新。[[自動番組制御装置|APS]]導入。
** NBC佐賀FM局本放送開始。
* [[2020年]]([[令和]]2年)
** 1月 - 長崎市[[尾上町 (長崎市)|尾上町]]の新社屋を建設し着工。
** 6月15日 - NBCラジオ佐賀局舎を[[佐賀駅]]前の商業施設「コムボックス佐賀駅前」内に移転。
* [[2021年]](令和3年)