「遺伝子組み換え作物」の版間の差分

m
Botによる: telリンクの除去
m (Botによる: telリンクの除去)
 
 
=== 組換え作物と慣行農法や有機栽培との共存 ===
組換え作物の栽培が各国で年々拡大している。そこで、消費者と農家の「選択の自由(Freedom of Choice)」を保障するために、組換え作物の栽培と他の慣行農法や有機栽培との共存のための規制作りがEUを中心に各国で進められている<ref>[http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010682042.pdf 農業環境技術研究所資料 第27号], "欧州農業における遺伝子組換え作物、一般栽培作物および有機栽培作物の共存のためのシナリオ", 欧州委員会共同研究センター予測技術研究所 著, 廉澤 敏弘 中谷 敬子 訳, ISSN [tel:0912-7542 0912-7542], 平成15年9月, [[農業環境技術研究所]]</ref><ref>[http://www.nedo.go.jp/content/100105834.pdf NEDO海外レポート NO.1047, 2009.7.01], "【ライフサイエンス・バイオテクノロジー特集】 遺伝子組換え作物の栽培方法に関する規制レポート(EU)", 編集:久我 健二郎、原訳:吉野 晴美, [[NEDO]]</ref>。EUにおける規制の指針<ref>[http://ecob.jrc.ec.europa.eu/documents/CoexRecommendation.pdf Official Journal of the European Union 22.7.2010], "COMMISSION RECOMMENDATION of 13 July 2010 on guidelines for the development of national co-existence measures to avoid the unintended presence of GMOs in conventional and organic crops"</ref>は作成されたが、その規制の実施方法に関しては各国で対応が異なっている<ref>[http://ucbiotech.org/biotech_info/PDFs/GMO_Safety_2010_Coexistence_in_the_countries_of_the_EU_A_European_patchwork.pdf Coexistence in the countries of the EU: A European patchwork], GMO Safety.eu</ref><ref>[http://ucbiotech.org/biotech_info/PDFs/GMO_Safety_2006_Coexistence_to_continue_to_be_regulated_by_member_states_for_the_time_being.pdf EU report on national coexistence measures: Coexistence to continue to be regulated by member states for the time being], GMO Safety.eu</ref><ref>遺伝子組換え樹木/遺伝子組換え作物をめぐる諸外国の政策動向、第2部 遺伝子組換え作物に関する諸動向、[http://www.maff.go.jp/primaff/koho/seika/project/pdf/gm4.pdf 第4章 欧州委員会における遺伝子組換え作物をめぐる共存政策の動向]、茨城大学農学部 立川雅司、平成21年3月 農林水産政策研究所</ref><ref>海外駐在員情報、[http://www.alic.go.jp/chosa-c/joho01_000197.html 欧州委、遺伝子組換作物の栽培を許可、制限または禁止できる権限を加盟国に付与する規則を提案]、ブリュッセル駐在員 前間 聡 平成22年7月16日発、独立行政法人 農畜産業振興機構</ref>。
 
== 論争 ==
239,943

回編集