「グレゴリー式望遠鏡」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: 差し戻し済み
[[ファイル:Gregorian_telescope.svg|thumb|480px|right|グレゴリー式望遠鏡]]
'''グレゴリー式望遠鏡'''(グレゴリーしきぼうえんきょう、{{langLang|en|''Gregorian telescope'' }})は、[[ジェームス・グレゴリー]]により考案された[[反射望遠鏡]]の一形式である{{Sfn|吉田正太郎|1988|pp=1-34}}。
 
== 発明 ==
 
== 量産化 ==
実機の製作は[[ニュートン式望遠鏡]]に遅れたものの、直接に正立像が得られるため金属鏡が使われた時代には[[フィールドスコープ|地上望遠鏡]]としてイギリスで多用された<ref name="allteresco1981-50"/>{{Sfn|吉田正太郎|1988|pp=53-70}}。例えばJ[[ジェームズ・ショート]]は[[1732年]]から[[1768年]]の36年間に1,400台、すなわち1ヶ月に3台以上のペースで製造しており、その何台かは現存する<ref name="allteresco1981-50"/>。J・ショートが製造した中で最大の製品は主鏡直径55cm、焦点距離3.65mであった<ref name="allteresco1981-50"/>。[[1742年]]製の一例を示すと、主鏡口径φ58mm、焦点距離244mm、副鏡直径φ38mm、鏡間距離286mm、合成焦点距離2,400mm、これに焦点距離42mmの[[ハイゲンス式接眼鏡]]を併用して倍率57倍、見かけ視界φ18[[度 (角度)|度]]であった。
 
== 特徴 ==
方式を切り替えできる望遠鏡を製作する場合、光路中に平面鏡を入れるだけで[[ニュートン式望遠鏡]]になるため、光軸が狂う心配がない<ref group="注釈">[[カセグレン式望遠鏡]]とニュートン式望遠鏡の方式を切り替えるには双曲面鏡を着脱する必要があるため光軸が狂う危険がある。</ref>{{Sfn|吉田正太郎|1988|pp=53-70}}。また主鏡副鏡ともに凹面鏡であるため、独立して実像を正確に検査ができる<ref group="注釈">カセグレン式望遠鏡の副鏡は凸面であり、検査には補助の鏡が必要である。</ref>{{Sfn|吉田正太郎|1988|pp=53-70}}。
 
== 注釈 ==
匿名利用者