「俺ら東京さ行ぐだ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
|Name = 俺ら東京さ行ぐだ
|Artist = [[吉幾三]]
|Album = [[俺らの唄を聴け]]
|A-side = 俺ら東京さ行ぐだ
|B-side = 故郷
|Released = [[1984年]][[11月25日]]
|Genre = [[歌謡曲]]・[[ラップ]]
|Length =
|Label = [[徳間ジャパンコミュニケーションズ|徳間ジャパン]]<br /> キャッツタウンレコード
|Writer = 吉幾三
|Producer = [[千昌夫]]
|Misc =
}}
「'''俺ら東京さ行ぐだ'''」(おらとうきょうさいぐだ){{efn2|「行くだ」は誤りであり、正しくは「行'''ぐ'''だ」である。}}は、歌手・[[吉幾三]]が[[1984年]]([[昭和]]59年)[[11月25日]]に発表した楽曲である。
 
作詞・作曲とも吉幾三が手掛けた。主人公が生まれ育った「無い物尽くし」の田舎が嫌になり、[[東京]]へ出ようとする歌詞である。同じ1984年発売で[[佐野元春]]の「[[COMPLICATION SHAKEDOWN]]」や、アルバム『[[VISITORS (アルバム)|VISITORS]]』とともに[[日本語ラップ]]の元祖と言われる<ref>{{Cite web |author= |url=https://realsound.jp/2014/12/post-2032_2.html |title=佐野元春は早すぎたB-BOYだった? 名盤『VISITORS』のラップが古びない理由 |work=[[リアルサウンド (ニュースサイト)|Real Sound]] |date=2014-12-17 |accessdate=2021-06-22}}</ref><ref>{{cite web |url=https://www.moto.co.jp/works/guide/Visitors.html |title=ニュー・ジェネレーションのための佐野元春ガイド ニューヨークから発信、1984年日本に向けて放った衝撃の一撃 |work=佐野元春公式サイト |accessdate=2021-06-22}}</ref>。
 
なお、「行くだ」は誤りであり、正しくは「行'''ぐ'''だ」である。
 
本項では、映画『俺ら東京さ行ぐだ』についても記述する。
: 「レーザーディスクは何者だ?」と歌詞にあり、後日製造元の[[パイオニア]]から「レーザーディスクの宣伝になった」ということで、吉にレーザーディスクの再生装置と一部の映像ソフトが贈られた<ref>「パイオニア『レーザーディスクとはこういうものです』──吉幾三さんにVD贈る」『[[日経産業新聞]]』1985年2月27日付、8頁。</ref>。その後しばらくの間「レーザーディスクは化け物だ!」と歌詞を変えて歌っていたという逸話もある。また、『[[夜も一生けんめい。]]』でゲスト出演していた吉が同曲を披露した時には、番組の提供スポンサーでもあるパイオニアにちなんで「レーザーディスクはパイオニア!」と歌っている。
; 歌番組
: この曲が[[ラジオ]]で流れたところ人気が急上昇し、生放送の番組である『[[ザ・ベストテン]]』([[Japan News Network|TBS系列]])の「今週のスポットライト」コーナーに登場することになったが、本人が緊張のあまり途中で歌えなくなってしまい、再度歌い直すというハプニングが起きた<ref name="best10">[[KADOKAWA|角川]]インタラクティブ・メディア「別冊[[ザテレビジョン]] ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」2004年12月、ISBN 978-4-0489-4453-3(p.130)</ref>。また、本番中に本物の[[ウシ|牛]]を演出のためにスタジオに持ち込み、エンディングの絶妙なタイミングでこの牛が鳴いている<ref name="best10"/><ref>{{efn2|1985年2月7日放送回のこと。</ref>}}
: 『[[ザ・トップテン]]』([[日本テレビネットワーク協議会|日本テレビ系列]])では、吉の地元の北津軽郡金木町にある[[金木駅]]から地元の人達が見守る中、生中継で歌ったこともある。
: [[1985年]](昭和60年)[[4月10日]]放送の『[[夜のヒットスタジオ|夜のヒットスタジオDELUXE]]』([[フジネットワーク|フジテレビ系列]])では、スタジオに集合した金木町民をバックに歌っている。青森県では、この年の4月から[[青森放送]]で番組ネットが始まったばかりであった。
: 1985年屈指の注目曲であり、当然ながら「[[NHK紅白歌合戦]]」出場も有力視されていたが、{{要出典範囲|当時の女性誌の紅白出場歌手予想コーナーにて、歌詞の中に「レーザーディスク」という実在の商品名や、[[警察官]]を「おまわり」と表現している事が問題視され、「『レーザービデオ』などに歌詞を変えたらどうか?」と提案されたが、吉が、年末年始は家族サービスをしたい意向があったのと「歌詞を変えてまで出る気はない」と拒絶している事が「関係者」のコメントとして報じられ|date=2018年5月}}、[[第36回NHK紅白歌合戦]]の出演はなかった。
; その他
: この曲が[[USEN|有線]]を中心にヒットチャートを上り始めたことに注目した[[徳間ジャパンコミュニケーションズ|徳間ジャパン]]は、[[1984年]]にプロモーションの一環として、吉本人主演による[[オリジナルビデオ|ビデオシネマ]]『俺ら東京さ行ぐだ 〜純情篇〜』を製作。1985年[[5月25日]]にビデオ、同年[[7月25日]]にレーザーディスクが発売された<ref>{{efn2|監督:[[後藤秀司]]、脚本:高梨安英、[[樽見弘紀]]、出演:[[吉幾三]]、[[新井今日子]]、[[鈴木正幸]]。収録曲:「俺ら東京さ行ぐだ」、「ヨイ・ヨイ・ヨイ」、「故郷」、「酒もって来い!」、「[[津軽平野]]」</ref>}}。2018年5月に[[歌謡ポップスチャンネル]]にてテレビ初放送<ref>{{Cite web|url=http://www.kayopops.jp/program/episode.php?prg_cd=KC00000917&episode_cd=0001&epg_ver_cd=06|title=俺ら東京さ行ぐだ ~純情篇~|publisher=歌謡ポップスチャンネル|accessdate=2018-05-03}}</ref>。
: 作品発表から24年が経過した[[2008年]]([[平成]]20年)にはこの楽曲がきっかけで、[[インターネット]]上において「[[#IKZOブーム|IKZOブーム]]」(後述)が起こった<ref name="asahi20081129" />。また同年[[10月1日]]には同曲への[[アンサーソング]]と位置付けたシングル『NDA![んだ!] 』をリリース。こちらは[[レゲエ]]調のアレンジがされ、15歳になって上京してきた主人公が田舎の大人から受けた「東京生活での注意」を思い出す内容となっている。
 
 
== 映画 ==
[[1985年]]、この楽曲をモチーフにした映画が[[松竹]]の製作・配給により公開された。東京でカメラマンの助手として働く息子と、その生活ぶりに落胆する両親との確執を描いた人情コメディ。吉自身も[[タクシー]]運転手役で出演している<ref>{{efn2|最後の方でそのタクシー運転手とは別人の吉幾三本人役でも出演している。</ref>}}。同時上映は「[[男はつらいよ 寅次郎恋愛塾]]」。
 
[[1990年代]]に「スーダラ伝説」による植木等再評価ブームに乗り、唯一のテレビ放送がなされた。上映後にビデオが発売されたが廃盤となり、DVDも未発売である。
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
=== 注釈 ===
{{Reflist}}
{{notelist2}}
 
=== 出典 ===
{{Reflist|2}}
 
== 参考文献 ==